食糧学院さんでこせがれ出店

11月3日(土)、4日(日)

 宮城のこせがれネットワークの活動で、東京・世田谷区にある「東京栄養食糧専門学校」さんにお邪魔してきました。こせがれネットが同校の学園祭に出店したので、そのお手伝いでした。

 ご一緒させていただいたメンバーは畠山さん、佐々木のおっさんさん、利恵ちゃん、平間の拓ちゃんの4人。
 
b0273150_035953.jpg

 
 開催中に東京組の木村光さん、矢内さんやその仲間たちも応援に駆けつけてくれました。宮城県庁の星の一人、さいとうしげきさんはなんと、海外出張からの帰りにわざわざ寄ってくれたし。ご苦労さまです。

 3日未明に車で宮城を出発し、同日早朝に現地着。そのまま昼前から販売開始×2日間⇒再び車で帰宮・・・という、何とも強行軍な日程でした。間には渋谷・公界での中間打ち上げというのも入ったし^^;。

 ただ、同校は今年の夏、研修ということで蔵王に学生2人+教員1人を派遣しており、たまたま居合わせたわたしにもご縁がありました。というわけで、また学生さんや先生にお会いできるんだな~と楽しみにしてました^^。

 同校は、
「食と健康と美の未来を担う」スペシャリストの養成校 。

「そして、学校法人食糧学院」さんが運営する3つの専門学校のうちの一つです。

 【食糧学院=しょくりょうがくいん】

 「同法人HPによると、創立70周年を迎えた伝統ある専門学校。1939年当時の陸軍省・内務省・農林省の国策により、国民の体位向上・栄養改善・健康増進・食の研究開発等、食の専門者を養成する目的で設立された。創立以来、3万人余りの卒業生を輩出し、社会の各分野で食と健康のスペシャリストとして活躍している。

 つまりは国が作った由緒正しい学校で、そういわれれば確かに教職員や学生たちにはどことなく威厳が漂っている!感じがする。

 現在の理事長さんは岩手県出身だそうで、そのためかどうか、震災から1年半以上がたったいまも、『東北復興支援』を掲げてくれている。ありがたい。

 どういう経緯かよく知らないが、キャリア教育のスペシャリスト・佐々木のおっさんが宮城と学院をつないでくれた。学生2人と教員1人が今年の夏にざおうハーブに研修に来て、うわさの合宿所に3、4泊していったのをはじめとして、今回のこせがれマルシェ開催となった。

 蔵王に滞在した子たちは今回のこせがれマルシェのお手伝いも一生けん命してくれて、おっさんからは『ざおうハーブに就職するんだもんな?』と5回ぐらい言われてた。1人は卒業前の冬に再び蔵王に遊びに来てくれるとか。楽しみ~^^。もう切りたくなっても切れないご縁。

 ほかの学生さんもほんとに『いまどき東京にこんな子たちいるのっ!?」と感じるほどに素直で明るく、素人集団の宮城こせがれをサポートしてくれた。感謝感激でした。この場を借りて御礼申しあげます。良い学校です」(Michipedia)


 今回のこせがれ出店の目的はメンバーの商品を販売することと、少しでも宮城やこせがれの魅力をPRすることでした。商品販売だけではさみしいよね、という話の結果、芋煮を作って売ることにしたらしく、わたしは当日の「芋煮隊長」に任命されたのでした。それも2日間の目標500杯です。

 500杯!わたしは出店内容の企画会議にはまったくタッチしていなかったのでどんな経緯でそうなったのかほとんど分からないのですが、メンバーの間で共有するメールのやり取りを眺めながら「誰がそんなに買うんだ~?」「誰が野菜切ったり、煮たりするんだ~?」と戦々恐々としていたのでした。すると案の上、前日はみんな仕事で「準備ができない!」という困った事態に。仕事が終わってから、出発までの時間に必死こいてやろう~としていたのですが、結局、拓ちゃんのお母さんやざおうハーブのスタッフのみなさんが日中、ほとんどの野菜のカット作業をしてくださっていたのでした。芋煮500人分の里芋はさすがの大量で、2人がかりで剥いて1日かかったとか。のりちゃん、スタッフのみなさん、ごめんなさい。そして本当にありがとうでした!

 そんなこんなで準備から先行きの不安たっぷり^^;な感じだったのですが、実際は本当にたくさんのお客様にお立ち寄りいただき、芋煮も400杯以上売れました!蔵王野菜の底力を見せつけてきましたよ~。考えてみれば、野菜がごろっと入った田舎風の汁ものって、東京ではなかなか食べられないものなのかも。

 学園祭のお客は生徒や教員という学内の方よりも、近所にお住まいの方々が多かったですね。世田谷という土地柄や同校のアットホームな雰囲気、食や健康をテーマにした学園祭という条件がそろっているからか、多くの方々がリピーターになっているそうです。

 ばたばたでよくこなしたなあと思いながらも、久しぶりに学園祭の雰囲気に浸れて、しかもとても良い学校&学生さんたちで、期待した以上に楽しんでしまいました。余裕を持って学内を回れたらもっと楽しかったかも?まあ、それはまた次回の楽しみにとっておくことにします。

 マルシェは何とか赤字にはならなかったようで、とにかく良かった良かった。後は1鍋で50人前の芋煮の作り方を忘れないよう、みんなでシェアしたいと思います。
 参加したみなさま、お疲れ様でした!
[PR]
by michiyocafe | 2012-11-05 01:35 | こせがれ
<< 芋煮50人前分量 みんなドラマがある >>