東北大学の食・農・村の復興支援プロジェクト

3月15日(金)@国際ホテル

 東北大学農学研究科の先生にお誘いいただき、表題のプロジェクト報告会に出席してきました。

 同科が震災後に取り組んできた復興支援プロジェクトの中間報告のような意味合いの会でした。すべてのプロジェクトというわけではないけれど、主要なものをほぼ網羅した感じ。東北大が関係している農の復興支援プロジェクトを一度に知ることのできる貴重な機会となりました。


 当日のプログラムはこちら
 
 http://www.nanohana-tohoku.com/ARP20130315.pdf

 何がすごいって、午前10時から始まって午後5時までの長丁場。しかもその間に、研究者/プロジェクト関係企業社員などなど28人もの人が入れ替わり立ち替わり、自分たちがかかわってきたプロジェクトを紹介する。一人10分ぐらいで、時間がすぎるとどんな偉い立場の人も鐘を鳴らされて終了を迫られる始末^^;やっぱり学会のようだったな。どのプロジェクトも中身が濃く、「もっといろいろ聞いてみたい!」と思わせる内容でした。

 わたしが面白かったのは、まず、菜の花畑の放射性物質の動き(流れ?)を追った調査。土壌から菜の花に放射性物質が移っていく様子が数値で表され、分かりやすかったです。結論から言って、その調査でも「吸収できる物理的な量は非常に少ない」という結果が出されました。震災直後、期待感を持って各地に植えられた菜の花でしたが、やはり難しいという結論が数値的に示されていました。

 
b0273150_050851.jpg


 それでも、菜の花を植えた効果がゼロだった訳ではありません。放射性物質が検出されなければ、食用、バイオディーゼル燃料への活用が見込めます。ほか景観維持→観光スポットの創出や耕作地の保全など多面的な利点があります。何より花は心を慰めます。報告者から、こうした利点をあらためて聞くことができました。あのとき菜の花を植えた人は偉かった!

 地盤沈下の海の生物への影響についての報告も興味深かったです。ウニやアワビが津波で流出したり、砂や泥の堆積など環境の変化によって生育に影響が出ていると報告されていました。地盤沈下で困っているのは、人間だけじゃなかったんですね(考えてみたら当たり前だけど)。漁が再開されたとしても、この先に不漁になるのではと心配です。
 

 一番すごかったのは、釜石市の写真家・冒険家の山田周生さんの話。山田さんは、日本を旅している最中の2011年3月、釜石市で震災に遭遇しました。その後、そのまま釜石で被災者支援と復興支援プロジェクトに取り組んできたそうです。

 震災前にエコな燃料で世界を一周したい!という夢を掲げた山田は、天ぷら油の廃油を分解してエタノールにする装置を手作りしちゃいました。ポイントは、車の荷台に積めるようにコンパクトな装置を自作した点。これなら、ガソリンスタンドのない町でも天ぷら油さえ手に入れば車を動かすことができます。釜石まで乗ってきたのも、各国を旅したその車。もちろん、スタンドが機能しなくなった被災地で大活躍したそうです。

 これがその車。と山田さん。
 
b0273150_0483012.jpg


 驚くのは、山田さんが車づくりの素人だったということ。最初は、自動車会社でエンジニアでもしてた人かな~なんて思ったのですが。趣味が高じて、こんな車を作ってしまったのだから、本当にすごいですよね。エタノールを分解させるのに微生物を使っていて、車にはその微生物の「小屋」も積んであるそうです^^; いや~、すごい人がいるものです。釜石に行って、もう一度山田さんの話を聞いてみたい。「いつでも来てください」って言われたので、ほんとにいつか行ってみようと思います。

 地味に見えますが、農学研究科の先生方も復興の一助になろうと頑張ってらっしゃる様子が伝わってきました。一般の農家さんにも役立ちそうな情報がたくさんありそうです。これから何かの折に、興味深いプロジェクトを深堀して紹介していけたら良いなと考えています。

 









b0273150_2339293.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-03-29 23:38 |
<< 蔵王出稼ぎ 先祖になる >>