フェイジョアの花を観てきました

7月7日(日)

 日本で唯一、南国フルーツ「フェイジョア」を栽培している「ゆうゆうファーム」さんに遊びに行きました。

 ゆうゆうファームはいわき市の小川という地域にあります。丸山さんというご一家が運営されていて、今年2月のいわきツアーでお邪魔して以来、交流を深めさせていただいてます^^。いわきツアーでの模様は拓ちゃんブログをどうぞ☆

 フェイジョアの収穫時期は11月だそうですが、7月には花が咲くので、観においでと誘っていただいていたのでした。今回は、実家の母を連れて二人でお邪魔しました。

 息子さんの穣さん。

b0273150_12212297.jpg


 初めて見るフェイジョアの花。めしべとおしべが真っ赤です。花弁も最初真っ赤なのが、次第にピンク色になっていくとか。貝殻のような形で可愛いです。「食べてみてください」と言われて口にしたら、甘いんです。淡いはちみつのような甘さといったら良いでしょうか?

 
b0273150_12212292.jpg


 
 この花弁を、生食用や加工用に使えないかということで、今年ははじめて花弁を集めているそうです。

 実を大きくするために、余計な花は早くに摘みます。さらに、受粉作業はひとの手で行います。めしべが長くて日本のミツバチでは受粉できないからなんだそうです。

 と、諸々の作業をこの時期にまとめてやらなくてはいけないんだそうで、この時期はほんとに目の回る忙しさだとか。それでもご一家は、いつもどおりにこやかな笑顔で相手をしてくださいました。

 花を見て、今度はますますフェイジョアを食べるのが楽しみになりました。いわきツアーにご参加くださったみなさん、フェイジョアの花見はまだ可能ですよ~。収穫時期のツアーも考えますかね^^

 丸山さん、ありがとうございました!また宮城にもいらしてくださいね。

b0273150_12212375.jpg


b0273150_12212483.jpg


b0273150_12212446.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-07-08 12:19 |
<< とのさまのソトゴハンりんごナイト 友人の結婚披露宴に出席しました >>