カテゴリ:店全般( 1 )

魚光(うおみつ)さん

10月16日(火)

 夕飯のおかずを買おうと、近所の「魚光」さんに寄りました。
 
 
b0273150_0214082.jpg


 こちらは青葉区角五郎の魚屋さん。いまどき珍しく、住宅街の中にあるお店です。
 
 
b0273150_0282411.jpg


 こちら、ちょっとユニークなのが品ぞろえ。

 鮮魚が新鮮で美味しそうなのはもちろんなのですが、 

 
b0273150_05530100.jpg

 
b0273150_130492.jpg


 ちょっとほかの魚屋さんにはない品物を扱っていたり、ディスプレーが面白かったりするんです。
 下はいろいろな魚の炭火焼き。
 
 
b0273150_0355957.jpg
 
 
 焼いた魚をパックにして売っているお店はあるけど、串焼きのままって普通の小売店ではなかなかないですよね。サンマとかイカとかこのままかぶりつきたい^^。

 そしてこちらはお惣菜。「タコと小エビとホタテのオニオンマリネ」とか、「いかとお野菜のトマトソーススパゲティーニ」とかいう洋風のお惣菜が、刺身コーナーの一角にさりげなく?並べられています。


 
b0273150_0392780.jpg

b0273150_1314729.jpg


 魚光さんは大正時代から続く老舗の魚屋さんです。角五郎の本店のほかに貝ケ森に姉妹店があり、そこの2階で「ヘミングウェイ」という魚介のレストランを運営していらっしゃいました。(そういえば、看板がカジキ。「老人と海」ですね)雰囲気が良く、魚メーンで和風じゃないお店はめずらしいので、わたしも気に入っていました。

 残念ながらヘミングウェイの方は震災の影響で閉店されたようですが、お魚+洋風の品ぞろえは変わっていないんですね。わたしが買い物している前後も、常連と思われる数人のお客さんが車などでやってきていました。

 写真は「ヤメテー」と恥ずかしがって横を向いてしまったお店のお母さん。
 
 
b0273150_115333.jpg


 この日は結局、ご主人がさばいて干したというサンマの開き(200円)と、シタビラメ(同)を買って帰りました。サンマはそのまま焼いて、シタビラメはムニエルにしていただきました。美味しかった~。そして食い意地が勝り、商品の写真も料理の写真も撮り忘れたわたし・・・。

 
 近くにできたスーパーの影響もあってか、魚光さんの周辺にあった商店はほとんど閉店してシャッターを閉めてしまいました。そんな中でも頑張ってお店を開いている魚光さん。美味しさと食の楽しさ、そしてご主人やお母さんとのやり取りの中にあったかさを感じます。いつまでも頑張ってほしいなあと思います。

 
 
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-18 00:44 | 店全般