カテゴリ:農( 5 )

ササニシキEXPO2013に参加しました

7月13日(土)

 石巻市北村・和渕地区で開かれた「ササニシキEXPO2013」に参加してきました。

 ササニシキは1963年に宮城県古川農業試験場で誕生し、かつてはコシヒカリと並ぶ2大品目でした。しかし、冷害や病気が原因で1990年以降、生産者が激減しています。そんな中でも同地区はササニシキの生産を続けている農家が多いそうです。イベントは、ササニシキの生産や食の文化を守っていくために、まずは生産者と消費者、ササニシキを使う流通・加工業者らが集まり、交流を深めようという目的で今年初めて開かれました。

 我らが山ちゃんの山ブロにも記事がUPされております。
 http://yamada.da-te.jp/e580990.html

 主催者は、和渕で完全無農薬・無肥料のササニシキづくりを手掛ける農業生産法人「田伝(でんでん)むし」の木村さんをはじめとする地区の農家の方や、石巻の食を発信するサポーターさんたちで組織する実行委員会です。

 メーンは、午前中のトークイベント。「ササニシキのこれから。つくる人と食べる人のおもい」というテーマで始まりました。地区の生産者さんが4、5人参加されたほか、仙台からの応援団や酒蔵さん、ほかの地域の生産者なども合わせて約25人が参加しました。

 主催者の木村さんと、会場の様子。
b0273150_1382968.jpg
b0273150_1394378.jpg


 車座(大きい?)になって話し合うところが、雰囲気に合っていて良かったです。

 
 まずは生産者さんから、ササニシキの歴史や特徴、現状などについて説明がありました。ササニシキはササシグレといううるち米系の親を持つ米です。誕生当時はササシグレ以上に収量が取れるということで生産者の間でとても人気が出て、宮城県を中心に山形、福島、岩手、秋田に広がりました。あっさりとして、冷めても硬くならない、口の中でほどよくほどけるといった特性があり、お寿司屋さんなどではいまでもササニシキにこだわっている店が多いそうです。

 しかし、ササニシキは高温・低温にともに弱く、しかもいもち病と言われるお米の病気にもかかりやすいため、次第に生産者に敬遠されてしまいました。特に平成5年の冷害・凶作の年は大変な被害が出てしまい、以来、生産者が減り続けています。

 一方、よく比較対象されるコシヒカリはもち米系を先祖に持つお米。ひとめぼれやあきたこまち、ミルキークイーンなどよく目にするお米はほとんどがコシヒカリの系統です。こちらは冷害に強く、もちっとした食感が現代人に好まれるといったことから、生産が増えていきました。

 普及直後は宮城県内のお米の生産量のうち9割を占めていたというササニシキの生産量は、コシヒカリ系と逆転し、1割程度にまで落ち込んでしまいました。それでもなぜか旧桃生町・旧河南町をエリアとする地域では、ササニシキを作り続けている農家がおり、現在の県内生産量の8~9割に上るということでした。

 木村さんは就農当初、多少高価でも、安全で高品質なものを求めるハイクラスな消費者が顧客となるのではないかと予想したそうですが、実際は米アレルギーの子どもを持つ母親など、健康問題の面でササニシキを求める人が多いことに気付き、「ササニシキを作り続けなければいけない」と考えるようになったそうです。

 (ちなみにササニシキだけがうるち米系ONLYの米になっており、そういったこともアレルギーとの関連があるのか?・・・などと気になりますが、科学的なことはまだまだはっきりしていないそうです)

 もう一人、6年前からササニシキの栽培を無農薬に切り替えたという日野さんの話も興味深かったです。最初の年は除草剤を使わなくても草が生えてこなかった。前年までの薬が残っていたためで、むしろ翌年から草が増え、草取りが本当に大変になった。でもその分、稲もどんどん元気になっていくのがはっきり分かったそうです。

ササニシキは「エコなコメ」という説明もありました。もともと茎が細くて長いササニシキは、肥料の多い土で育てると栄養過多で倒れてしまうのだそうです。逆に肥料がなくても育つので、エコ。無農薬だけでなく、肥料も使わずに美味しいお米ができるなんて、土の中ではどんな働きがされているのか?とっても不思議ですよね。答えは「微生物」にあるようで、またあらためて教えていただきたいところです。

 特に無農薬・無肥料でササニシキを作るのは大変な技術と努力・労力がいります。「儲かる米」ではないので、生産者さんたちは、息子さんたちに跡を継いでとは言えない。ただ、自分の家族やお孫さん、お客さんに「美味しい」と言われるから、自分もササニシキを食べたいから作っている、という生産者さんが多いようでした。

 宮城県村田町の酒蔵大沼酒造さん(「乾坤一」の酒屋さん)や、塩釜・浦霞の笠原ちゃん(だんなさんも一緒に❤)、仙台からは森民酒造さんも駆けつけました。中でも大沼さんは震災前、半分以上のお酒をササニシキで作っていたそうです。香りを優先する最近の酒米が多いなか、香りは弱いけどすっきりとした味わいとのど越しのササニシキは、食中酒として好まれるというお話でした。
 わたしは日本酒があまり得意ではないのですが、乾坤一はさっぱりスッキリとして飲みやすいな~と思っていました。ササニシキのおかげだったんだ~。大沼さん、あんまりそんなこと表に出さなくて、シャイな酒屋さん❤とプチ感激したのもつかの間、「震災後はササニシキが入手しにくくなった」という残念なお話がありました。何とかササニシキに頑張ってほしい・・・。

 木村さんの話で印象的だったのは、「わたしたちはいつかしっぺ返しをくらうでしょう」という一言。いまほど米が余っている時代はない。自給率が低い中で、農業は甘くみられ、米を作らない、輸入に頼る政策が進む。しっぺ返しの意味が食糧危機なのか、環境破壊なのかは分からないけれど、いずれ何かの苦境は避けられないのではないか、と。

 生産は減っていくだろうけれど、「美味しいお米を作り、価値を理解してくれる人を増やしてササニシキを守っていきたい」と話していました。ササニシキがなぜこの地に残っているのか?にも着目して、調査をしていきたいとも話していましたね。

 正直に言うと、わたしはいわきの親戚から毎年コシヒカリを譲ってもらい、食べてきました。コシのもっちり感とツヤツヤ感、お米の粒感が大好きです。ですので、ササニシキを愛するみなさまの中にあって、亜種を擁護しているような申しわけなさも感じました^^;それでも、たくさんのお米の種類がある日本・宮城は素晴らしいと思いますし、気分によって選んだり、使い分けたりできれば良いと思います。お米の繊細な味の違いが分かるなんて、素晴らしきかな、日本人! 

 そんなわけで、ランチはお米の食べ比べ大会!木村さんのササニシキと、日野さんのササニシキ、ひとめぼれのほか、スーパーで売っている県内産ササニシキと新潟県産コシヒカリが並びました。木村さんのも日野さんのもササニシキは何だか柔らかい感じがしたのはわたしだけ?(と思ったけど、もしかしたら準備をしたわたしの炊き方が悪かったのかも・・・)どちらも甘みを感じて美味しいお米でした。おかずもお米を生かすご飯の最高の友ばかり!夜の分も含めて多めに炊いたご飯が半分以上、なくなる人気でした^^。

 ちなみにお料理づくりはおっかあこと石巻市旧北上町出身のフードコーディネーター、早坂久美さんが担当!鈴木も下準備などのお手伝いをさせていただきました。参加者&スタッフという感じですね^^;

b0273150_13105319.jpg
b0273150_13114062.jpg


 午後は田伝むしの田んぼで大草取り大会!田んぼは微生物の働きで泥がきめ細かい。裸足で入るととっても気持ち良かったです。泥デトックス!草もするすると抜けてくれて、何だか面白くなり、夢中になってしまいました。みなさんにもぜひおすすめしたいです!
b0273150_2347916.jpg


 そして夕方は会場を近くのコロボックルハウス(農業体験館)に移し、再び生産者さんを交えての交流会。移動式の「もみがま」という釜でササニシキを炊きました。詳しくは分からないけど、モミを使ってじっくり炊くんだって。形が可愛い!

b0273150_13175820.jpg


 夜の部はまた新しい生産者さんが駆けつけてくれて、石巻の郷土料理を肴に盛り上がりました。
b0273150_2348158.jpg


 釜炊きご飯。良いのか悪いのか?お昼にジャーで炊いたのよりしっかりとしていて、美味しさが増していました!こっちをお昼のみんなに食べさせたかった・・・。
b0273150_23491565.jpg

 
 日野さんが持ってきてくれたクジラの味噌漬け焼き。刺身もあって、どっちもびっくりするくらい美味しかったなあ~。柔らかいし、クセがない!農家さんがクジラ料理・・・っていうのも、石巻らしくて面白かったです。
b0273150_23522952.jpg


 デザートはおっかあ手作りのがんづき。美味しそう!・・・なのに気付いたら食べ損ねてた・・・泣。今度作り方を教わろう。
b0273150_23542058.jpg


 そして、なぜか夜→朝参加のみっくに~。美味しそうにご飯をほおばってます!それにしてもアップすぎた><
b0273150_23514281.jpg


 翌日はこせがレポーターの活動として、木村さんに午前中取材の時間を取っていただきました。長くなったので、それは追って報告します。

 木村さん、実行委員会のみなさん、良い学びと気付きの機会をありがとうございました。第2回目以降にも期待しています!

b0273150_1316467.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-07-21 13:18 |

フェイジョアの花を観てきました

7月7日(日)

 日本で唯一、南国フルーツ「フェイジョア」を栽培している「ゆうゆうファーム」さんに遊びに行きました。

 ゆうゆうファームはいわき市の小川という地域にあります。丸山さんというご一家が運営されていて、今年2月のいわきツアーでお邪魔して以来、交流を深めさせていただいてます^^。いわきツアーでの模様は拓ちゃんブログをどうぞ☆

 フェイジョアの収穫時期は11月だそうですが、7月には花が咲くので、観においでと誘っていただいていたのでした。今回は、実家の母を連れて二人でお邪魔しました。

 息子さんの穣さん。

b0273150_12212297.jpg


 初めて見るフェイジョアの花。めしべとおしべが真っ赤です。花弁も最初真っ赤なのが、次第にピンク色になっていくとか。貝殻のような形で可愛いです。「食べてみてください」と言われて口にしたら、甘いんです。淡いはちみつのような甘さといったら良いでしょうか?

 
b0273150_12212292.jpg


 
 この花弁を、生食用や加工用に使えないかということで、今年ははじめて花弁を集めているそうです。

 実を大きくするために、余計な花は早くに摘みます。さらに、受粉作業はひとの手で行います。めしべが長くて日本のミツバチでは受粉できないからなんだそうです。

 と、諸々の作業をこの時期にまとめてやらなくてはいけないんだそうで、この時期はほんとに目の回る忙しさだとか。それでもご一家は、いつもどおりにこやかな笑顔で相手をしてくださいました。

 花を見て、今度はますますフェイジョアを食べるのが楽しみになりました。いわきツアーにご参加くださったみなさん、フェイジョアの花見はまだ可能ですよ~。収穫時期のツアーも考えますかね^^

 丸山さん、ありがとうございました!また宮城にもいらしてくださいね。

b0273150_12212375.jpg


b0273150_12212483.jpg


b0273150_12212446.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-07-08 12:19 |

greenzにMAKOTOレポートを書かせていただきました

5月17日(金)

 webマガジンgreenzで、友人の竹井智宏さんが代表を務めるMAKOTO(マコト)を紹介させていただきました。greenzに初めて書かせていただいた「ワカツク」の記事はこちら

 前回も書きましたが、greenzはニュースというよりもみんなのgoodアイデアを紹介して、「ほしい未来をつくろう」というもの。コンセプトも記事も、どこか明るく前向きになれる素敵なWEBです。

 竹井さんとは6年ほど前に知り合いました。当時は仙台では珍しいベンチャーキャピタルに勤めていました。
 
 出会った後はむしろ奥さんのともちゃんと仲良くなって、家族ぐるみ(といってもわたしが竹井家に上がりこんで飲んでるだけ)のお付き合いをさせていただくように。竹井さんとともちゃんはとっても仲が良く、互いに助け合って楽しく暮らしているのが伝わってきて、大好きな家族なのです。

 竹井さんは大学のサークルを立ち上げたり、若手のための勉強会を主催したりと、熱くて行動的な人でした。野球では阪神(だっけ?)が好きだったといい、その理由が「弱いからこそ応援したくなる!」。仕事では、東北のベンチャー企業の経営を何とか軌道に乗せたい!と頑張っていました。

 震災後に、会社を辞めて復興支援の仕事を始めると聞いたときは「やっぱり」と思ったものです。竹井さんは、日本だけでなく海を越えて各地の支援の手を復興につなげようとしています。
 
 今回の記事では、竹井さんがどうしてそこまで起業家支援の必要性を訴えて駆け回るのか?過去のエピソードを踏まえて紹介しています。竹井さんやスタッフの誠実さと優しさ、強さが伝わってきます。ぜひ読んでみてください。

 
http://greenz.jp/2013/05/17/makoto/
 
[PR]
by michiyocafe | 2013-05-19 22:21 |

田伝(でんでん)むしにお邪魔しました

4月12日(金)

 石巻市和渕で、ササニシキを無農薬栽培している木村さんのところにお邪魔しました。

 ササニシキはあっさりとした食味が人気の美味しいお米ですが、栽培が難しく、作り手が減っています。すでに「幻のコメ」と呼ばれることさえあるそうです。それを無農薬で作っているなんて、本当にすごい。一度じっくりお話を伺いたいと思っていたところ、ちょうど種まき作業があるということで、ネコの手ほどのお手伝いをさせていただきました。

 木村さんは、ご両親、奥さんと法人「田伝(でんでん)むし」を営み、米づくりを専業にしています。従業員の方も3人いらっしゃいます。

 まずは種もみを発芽させ、苗に育てます。
 ただ、花咲かじいさんのように手で撒くのではないのですよ~。木村さんの田んぼは11ha。苗の成長をそろえないと管理が難しくなるので、一気に作業する必要もあります。必要な苗は育苗箱にして千箱以上に上ります。

 そこで登場するのが種まきマシンです。

b0273150_22461072.jpg


b0273150_2246966.jpg


 写真で形が分かりますか?

 最初に育苗箱に土を入れ、種をまいて、肥料を載せます。箱を流すコンベアがついていて、一度土と肥料、種もみをセットすると、1時間に100箱、200箱という単位で種まきが進みます。1時間に150箱としても、1分に2・5箱の速さ!さすがに人手ではこうはいきません。マシンは毎年このためだけに使うのだとか。

b0273150_2246886.jpg


 機械にセットする土は、一袋が1トン。リフトで釣り上げた状態で、少しずつ土が落ちるように設定します。この準備が割と大変^^;
b0273150_2246956.jpg

 
 ネコの手の作業は箱を入れこむだけ。単純な作業なのですが、箱と箱の隙間に土が入るとマシントラブルが起きて作業が止まってしまいます。「大事な仕事だから~^^」なんて言われると、緊張してよけいに力が入り、またもや局所的な筋肉痛に・・・。

 
b0273150_0241618.jpg
 

 一般的にはこの段階で農薬を使うことも多いため、機械には農薬をかける機能も標準装備されています。ただ、木村さんのところでは使いません。田んぼに除草剤も使わないので、夏は休みなく毎日朝から晩まで草むしりだそうです。 

 
 無農薬栽培を始めたのはご両親。27年前、自分たちで勉強を始め、独学や先輩に教えてもらいながら栽培方法を模索してきました。うまくいくかどうか分からないことを、信念持って続けられるってすごいなあ。おやつまでいただきながら話を聞かせていただき、感謝です。
b0273150_22461176.jpg


 そしてこれが少し前に発芽した苗ちゃん。木村さんは「毎年これを見ると嬉しくなるんですよ」と、にっこり笑顔でした。
b0273150_22461324.jpg


 ほかにもいろいろと勉強になることを聞けました。次は田植えの時期にお邪魔したいなと思います。
 木村さん、機会を作ってくださってありがとうございました。
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-12 22:44 |

東北大学の食・農・村の復興支援プロジェクト

3月15日(金)@国際ホテル

 東北大学農学研究科の先生にお誘いいただき、表題のプロジェクト報告会に出席してきました。

 同科が震災後に取り組んできた復興支援プロジェクトの中間報告のような意味合いの会でした。すべてのプロジェクトというわけではないけれど、主要なものをほぼ網羅した感じ。東北大が関係している農の復興支援プロジェクトを一度に知ることのできる貴重な機会となりました。


 当日のプログラムはこちら
 
 http://www.nanohana-tohoku.com/ARP20130315.pdf

 何がすごいって、午前10時から始まって午後5時までの長丁場。しかもその間に、研究者/プロジェクト関係企業社員などなど28人もの人が入れ替わり立ち替わり、自分たちがかかわってきたプロジェクトを紹介する。一人10分ぐらいで、時間がすぎるとどんな偉い立場の人も鐘を鳴らされて終了を迫られる始末^^;やっぱり学会のようだったな。どのプロジェクトも中身が濃く、「もっといろいろ聞いてみたい!」と思わせる内容でした。

 わたしが面白かったのは、まず、菜の花畑の放射性物質の動き(流れ?)を追った調査。土壌から菜の花に放射性物質が移っていく様子が数値で表され、分かりやすかったです。結論から言って、その調査でも「吸収できる物理的な量は非常に少ない」という結果が出されました。震災直後、期待感を持って各地に植えられた菜の花でしたが、やはり難しいという結論が数値的に示されていました。

 
b0273150_050851.jpg


 それでも、菜の花を植えた効果がゼロだった訳ではありません。放射性物質が検出されなければ、食用、バイオディーゼル燃料への活用が見込めます。ほか景観維持→観光スポットの創出や耕作地の保全など多面的な利点があります。何より花は心を慰めます。報告者から、こうした利点をあらためて聞くことができました。あのとき菜の花を植えた人は偉かった!

 地盤沈下の海の生物への影響についての報告も興味深かったです。ウニやアワビが津波で流出したり、砂や泥の堆積など環境の変化によって生育に影響が出ていると報告されていました。地盤沈下で困っているのは、人間だけじゃなかったんですね(考えてみたら当たり前だけど)。漁が再開されたとしても、この先に不漁になるのではと心配です。
 

 一番すごかったのは、釜石市の写真家・冒険家の山田周生さんの話。山田さんは、日本を旅している最中の2011年3月、釜石市で震災に遭遇しました。その後、そのまま釜石で被災者支援と復興支援プロジェクトに取り組んできたそうです。

 震災前にエコな燃料で世界を一周したい!という夢を掲げた山田は、天ぷら油の廃油を分解してエタノールにする装置を手作りしちゃいました。ポイントは、車の荷台に積めるようにコンパクトな装置を自作した点。これなら、ガソリンスタンドのない町でも天ぷら油さえ手に入れば車を動かすことができます。釜石まで乗ってきたのも、各国を旅したその車。もちろん、スタンドが機能しなくなった被災地で大活躍したそうです。

 これがその車。と山田さん。
 
b0273150_0483012.jpg


 驚くのは、山田さんが車づくりの素人だったということ。最初は、自動車会社でエンジニアでもしてた人かな~なんて思ったのですが。趣味が高じて、こんな車を作ってしまったのだから、本当にすごいですよね。エタノールを分解させるのに微生物を使っていて、車にはその微生物の「小屋」も積んであるそうです^^; いや~、すごい人がいるものです。釜石に行って、もう一度山田さんの話を聞いてみたい。「いつでも来てください」って言われたので、ほんとにいつか行ってみようと思います。

 地味に見えますが、農学研究科の先生方も復興の一助になろうと頑張ってらっしゃる様子が伝わってきました。一般の農家さんにも役立ちそうな情報がたくさんありそうです。これから何かの折に、興味深いプロジェクトを深堀して紹介していけたら良いなと考えています。

 









b0273150_2339293.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-03-29 23:38 |