カテゴリ:こころみ( 5 )

第10回こころみキッチン&ダイニング

4月15日(金)

 第10回こころみキッチン&ダイニングを開きました。
(一か月遅れですが、投稿します)
 こころみの過去記事はこちら→・・・としようとしたら、実はブログできちんと書いたことがないと判明(FBに書き込んでいただけ)・・・が~ん。
 関係者のみなさま、ごめんなさい。
 今後はちゃんと記録しますです・・・。
 こころみの料理をおさらいした「おさらいキッチン」の様子ならこちら 

 「こころみ」は、料理ができない受講生が企画する、ほかとちょっと違う料理教室。
 毎月テーマを変えて先生から料理を教えてもらい、しかも出来上がった料理を食べたいだけの人も参加できますよ~という2部制の、ワガママな教室なのです。
 先生役はフードプランナー、早坂おっかあ久美さん。おっかあのレシピが、「簡単なのに美味しい!」「初心者でもできそう」と毎回好評です。
 
 4月は15人の方に参加いただきました。お料理テーマは「日本酒に合う、簡単おつまみ♪」。時間がなくても、事前に仕込みをしておけば、お客様が来たときにさっと出せるメニューばかりでした。
 

 ①ピリ辛めかぶ(お酒が止まりません。。)

 ②即席つけもの(「白だし」に1時間漬けておけばOK。市販の漬けものの素より優しい味わい。わたしはくせになり、しょっちゅう作って食べています)

 ③チーズロール(鶏肉にチーズと野菜を巻き巻き♪糸を巻きつけて焼きます。巻きつけがちょっと難しい・・・けど、仕上がりは大満足の一品!)

 ④おつまみビビンバ(切った野菜を炒めてご飯に載せるだけ。手作りのたれがまた美味しい!)
 
 ⑤デザート

 この日は、ぷるめりんご先生による「竹鶏・あいうえお卵料理」のふた品も登場し、みなさん大満足のコースとなりました。

 
b0273150_14281211.jpg

b0273150_14281362.jpg

b0273150_14281348.jpg

b0273150_14281476.jpg

b0273150_14281488.jpg

b0273150_1428159.jpg

b0273150_14281648.jpg

b0273150_1428164.jpg



 あ~。4月も美味しく、楽しかった!
 
 5月17日(金)はベトナム帰りの本格派、遠藤美香ちゃんが「ベトナム料理」を教えてくれますよ~。
 今月も楽しみ!詳細はfacebookでご案内しています。
 参加を希望される方は、鈴木あてご連絡ください^^
https://www.facebook.com/events/459000187523031/
 

 
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-23 14:27 | こころみ

芋煮メモ

 昨日の反省を生かし、芋煮会の材料と段取りを共有します。芋煮会初めてだったみなさん、各自でまたこころみてください~^^・

山形風(材料4人前)×3

里芋・・・630g×3=1.3㎏
こんにゃく・・・1枚×3=3枚
ねぎ・・・1本×3=3本
牛バラ肉・・・300g×3=900g
ゴボウ・・・1本
キノコ・・・150g×3=450g
うどん・・・2玉×3=6玉

水・・・6カップ×3=
砂糖・・・適量
醤油・・・適量
日本酒・・・適量
カレールー・・・適量


仙台風(材料4人前)×3

・豚肉細切れ・・・・・100g×3=1.2㎏
・大根・・・・・・・・・1本
・こんにゃく・・・・・・2枚
・人参・・・・・・・・・30g×3=90g(2本)
・里いも・・・・・・・・6個×3=18個×2=36個
・ごぼう・・・・・・・・50g×3=150g(1本)
・長ねぎ・・・・・・・1本×3=3本
・キノコ・・・・・・・450g
・白菜・・・・・・・・半玉
・豆腐・・・・・・・・2丁

・水・・・・・・・・・・・5カップ
・清酒・・・・・・・・・適量
・仙台味噌・・・・・・60g×3=180g

【調理器具・用具】
①鍋(底に重層を溶かした水を塗って乾燥させておけば、洗い物がラク)
②お玉
③鉄板
④薪(1鍋に1束弱)
⑤着火剤
⑥プラ容器
⑦箸
⑧プラコップ
⑨ペーパータオル
⑩菜ばし
⑪ブルーシート

【あると便利グッズ】
①アルミホイル(焼き芋とか)
②ウエットティッシュ
③ジップロック(余った鍋も持ち帰れる)
④新聞紙

【注意事項】
①待ち合わせ場所・・・分かりやすいところを決めておく。連絡先の事前確認も必須
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-21 12:40 | こころみ

芋煮会

10月20日(土)

 こころみキッチンの番外編として、芋煮会を開きました。

 (「こころみキッチン」のご紹介はこちら) 

 こころみの仲間や友達が10人参加してくれました。
b0273150_051729.jpg


 【芋煮会=いもに・かい】

 「宮城、山形両県をはじめとする東北地方で、秋になると行われる季節の行事。特に晴れた日の河川敷で頻繁に繰り広げられる。要はサトイモを大鍋で煮て汁ものにして食すだけ。これがまたなぜかめっぽう楽しい。まずは川原の石を積んでかまどを作り、薪で火を焚いて鍋の水を沸かす。野菜や肉を入れ、最後に味付けして完成。鍋ができるまでの楽しみの一つにアルコール摂取が挙げられる。鍋の味付けは仙台風と山形風の東西横綱がおり、仙台風は『サトイモ+豚肉+味噌味』、山形風は『サトイモ+牛肉+醤油味」と大別される。仙台風の芋煮は豚汁とどこが違うの?といった素朴な疑問を抱いてしまうこともあるが、そのへんは自分の胸に仕舞っておくのが無難。鍋だけでは不満な食いしん坊たちは一緒にBBQをしてみたり、ちゃんちゃん焼きを作って食べたりして、肝心の鍋ができるころにはお腹がいっぱいになってしまっている。芋煮会のメッカとなっている広瀬川流るる岸辺♪の周辺のスーパーなどでは、芋煮の食材セットや薪の大売り出しがみられるほか、購買客に鍋や鉄板の無料貸し出しという太っ腹なサービスも観察される。サンクス八幡3丁目店では薪を店の前に山積みして売っていて、鍋や鉄板を有料で貸し出している。商売上手。最近は川原での飲み会に味をしめた学生たちが川遊びでキャーキャー言ったり、夜通しどんちゃん騒ぎしていて、かなり近所迷惑になっている。先日は深夜にパトカーがやってきて『どこの学生だ~!恥ずかしくないのか!』としかってた」(Michipedia)

芋煮会を知らない方のために、念のためと思って説明書きを書き始めたらまとまらなくなりました・・・。

本日のわたしたちのメニューは、仙台風と山形風の二種類。メーンのサトイモは、拓ちゃんが蔵王から持ってきてくれました。春にわたしが植えたものです。そう思うと余計にカワイイ^^。
 
 
 鍋の完成を待つ人々。
 
b0273150_0374333.jpg

 
 みんなで手分けして調理しながら、得意の自己紹介タイムです。京都から仙台に来たばかりという女性もおり、「そもそも京都には屋外での調理イベントなんてない!」という話で盛り上がりました。京都には重要な木造建造物多いからねえ、焼けちゃったら大変だから!
 
 
 ついでに11月のこころみのテーマも決めちゃえば?ということでいろいろなアイデアも出ましたね。きのこ料理とか、サケとか・・・。 
 
 
 午後3時すぎにようやく完成。みんなで美味しくいただきました。サトイモは、さすが蔵王産。いかにも体に良さそう!というぬめりっぷりで、よく味もしみていました。

b0273150_0345860.jpg
 
b0273150_0443517.jpg


  山形風の残った汁にはカレールーとうどんを入れ、カレーうどんとしました。

 昼過ぎからスタートしたため、終わるころにはすっかり日が暮れてしまいましたが^^;、天気にも恵まれ、まずまず楽しいひと時を過ごすことができました。ご参加くださったみなさま、ありがとうございました!
 

 11月は通常どおり、第3金曜日に「こころみキッチン&ダイニング」を開催する予定です。
 芋煮会にはいらっしゃれなかったみなさんも、来月はぜひいらしてくださいね! 

 ちなみに、これを書いている現在もどんちゃんしている若者たちがいる・・・。きょうは山手線ゲームしてるみたいです・・・。
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-21 00:47 | こころみ

おさらいキッチン②

 素人が素人に教えるんだから、そりゃ段取り良いわけない。
 
 
b0273150_0462045.jpg

 圧力なべなんて、ふたを完全に閉めるの忘れて火つけちゃったし。意味ない^^;じゅんこさんが気付いてくれなかったどうなってたでしょ?

 予定より30分オーバーして、それでも何とかかんとかお料理をそろえました。
 
 
b0273150_058136.jpg


 
b0273150_0515490.jpg

 みんなそろって、カンパーイ。やっぱりお休みの日に昼からいただくアルコールは格別ですね^^。

 さて、それではようやくお料理のご紹介。

 まずはサンマの土鍋ご飯。
 
b0273150_0535268.jpg


 これは前回9月のこころみで最も好評で、生徒たちも何度も自宅で復習していた品。
 見た目はとってもキレイ!サンマをうまくさばけた証拠かな。

 ただ、ちょっとだけ米が固いねという話でした。小さい土鍋と普通の鍋を使ったので、水加減や火加減がうまくいかなかったのかもです。でも、お味は美味しかったですよ~。みんな「また作ってみる!」とのことでした。

 大根のサラダ。
b0273150_121714.jpg

 塩でちょっともんだだけでやわらかくなって食べやすくなるので、いいですよね。おっかあにもらった甘麹が残っていたので再び使わせていただきました。甘麹の味がちょっとアクセントになっていて、飽きずに食べられます。


 そしてサンマの煮物。
 
b0273150_0593931.jpg

 圧力なべの扱い失敗した~?と思っていたら、意外とうまく炊けていた。骨まで軟らかく煮えていて、「前回をしのぐ味では!?」と高い評価を得ていました^^。

 サンマのつみれ汁。
 
b0273150_151480.jpg

 サンマの分量が少し多かったためか、きちんと固まらなかったのですが、お味は抜群でした!

 エビと豆腐のめんたい旨煮 
b0273150_164168.jpg

 急きょ指名したコウタさんに手早く作ってもらいました^^;
 
 そして黒ちゃんが再び作ってくれたゆべし。
 
b0273150_184766.jpg

 前回はちょっと水分が少なくて「和風ブラウニーみたいだねえ」なんて言ってしまいましたが(失礼!でも、それはそれで美味しかったのです)、今回はほんとにゆべし!ゆべしでした~。しっとりもっちり。
 黒ちゃんは前回の反省を生かし、粉をレンジにかける際に器を二分したり、加熱時間を長くしたりと、いろいろと工夫をしていたのでした~。すごい!さすが加工の先生だ。おっかあにも食べさせたかったです。
 今回はこのゆべしがもっとも成長を感じる一品でした。

 お腹が少し満ち足りてきたところで、得意の自己紹介タイム。
 そうこうするうち岩出山帰りの畠山さんと佐々木のおっさんが合流してくれました。 

 今回はやはり芳賀ちゃんとコウタさんのなれそめに話題集中です^^。
 
b0273150_1131957.jpg

 仙台の焼酎バーで開かれたイベントが出会いのきっかけだったとか。
 意気投合した二人はさっそく初のデート❤に出かけたのですが、そこでなんと我らが畠山さんと山田さんに出くわしてしまったのですね~。それはもう、運命だ!
 まだお互いのことをよく知らない二人の間に入って、畠山さんと山田さんは親戚のおばちゃん並みの追及力!コウタさんはさぞタジタジだったことでしょう・・・と思ったら、意外にあっさり受け答えしていたとか。そんなところも芳賀ちゃん心をくすぐったのかな~。いずれにせよ、最初に洗礼!?を受けているので、きっともうFB体質になっていることと思われます。

 ほかにも小川先生のドイツ放浪記(放浪してない?)とか順子さんのシンガポール話とか、面白いネタが盛りだくさん。話はまったく尽きることがなかったのでした。自己紹介も回りきれなかったし。話せなかった人すみません^^;

 ということで、まずは楽しい時間を過ごすことができた初のおさらいキッチン。
 わたし個人の反省点としては、やっぱり全体をコーディネートする役が一人いないと難しいなあということ。それを毎回一人で、レシピづくりから指導まですべてこなすおっかあ久美さんをあらためて尊敬してしまったのでした。

 おさらいでは、わたしは久美さんほどの役は果たせませんが、これからもちょっと楽しい手作りホームパーティちっくな場所として、ぼちぼち続けていけたらいいのかなと思います。ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

 (告知)今月はいつもの第3金曜日のこころみはお休み。その代わり、20日に牛越橋近くで芋煮会しま~す。11月は第3金曜日にまたこころみを開催する予定ですので、みなさんお楽しみに^^

 
 

 
 
  

 

 
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-13 01:30 | こころみ

おさらいキッチン①

10月8日(月・体育の日)①

 昨日のブログでお知らせした通り、「おさらいキッチン」を開催しました。

 参加者はレギュラーメンバーの黒澤さん(宮城農業大学校の先生で食品加工のプロ・なのにお料理できない^^;という、とっても親近感の持てるユニークキャラ)、最近準レギュラーとなりつつある?ざおうハーブ・平間拓ちゃん、尚絅学院高校で音楽を教えているさすらいのピアニスト・小川先生、ほやはいけるが酒はイケズなかっき~柿崎さん、シンガポール帰りの笠間順子姉、それに佐浦の新婚さん・芳賀ちゃん夫妻という8人。調理をするのもテーブルを囲むのにもちょうど良い人数でしたね。

 蔵王から高速バスでわざわざやって来てくれた平間拓ちゃんは、何と唐草模様の風呂敷包みを背負い、また手ぬぐいを頭巾にして登場!風呂敷包みの中には、圧力鍋が入っていました。
b0273150_064178.jpg


 バスを降りてから会場までその姿で闊歩してきたのだとか。実は前の晩に圧力鍋を持ってきてくれるよう頼んでいたのですが、「蔵王から鍋持っていくのって何かおかしいよね^^(拓)」「どうせなら風呂敷で背負ってきてほしい!(美)」「風呂敷といったら唐草模様だよね~(黒)」という感じで話が盛り上がっていました。
 まあ、それでも鍋を背負うのは大変そうだし、きっと普通に袋に入れてくるんだよね・・・。ぐらいに思っていたわたしがバカだった。「飛んできたボールはどんな変化球でも打ってみせましょう!」という我らが拓ちゃんは、言葉通りの格好をしてきてくれたのでした。いや~、笑った。ほんと、あなたは偉い!ちなみに彼は帰りも同じ格好をして雑踏の中へ消えていきました。

 待ち合わせ場所にやって来た小川先生はフジサキの紙袋を提げていました。なんとわざわざデパートでエプロンを買ってきたとのこと!小川先生の名誉のために付け加えると、普段は自炊されているそうです。ただ「魚はさばいたことがなかったので、ちょっと習ってみたかった」とのお話。さすがにエプロンも持っていなくて、買う場所にも悩んでフジサキへ行ったのだとか。言ってくれたらお貸ししたのに、先生!しかもサンマの三枚下ろしで包丁フル活用して「黄金の指」大丈夫かな?とちょっぴりハラハラしました。

 買い出しを終えて会場に着くと、かっき~柿崎さん、芳賀ちゃん夫妻が相次いで到着。芳賀ちゃんのご主人はほとんど訳が分からずにその場に連れてこられたようだった(想像通り^^;)ので、こころみ・おさらいの趣旨を簡単に説明した後、軽―くみんなで自己紹介して調理に入りました。

 芳賀ちゃんの旦那さんは笠原コウタ(書き方聞くの忘れた)さんと仰います。このコウタさんが実にお料理が上手で、素人集団のおさらいメンバーズは非常に助けられることになりました。
b0273150_083537.jpg

手早くお料理するコウタさんと幸せそうな芳賀ちゃん^^。

 調理はやっぱりサンマの三枚下ろし講習から開始。参加者のうち、9月のこころみに参加しなかった&魚を下ろしたことがない!or苦手というかっき~、小川先生、芳賀ちゃんにまずは包丁を持ってもらい、鈴木美の合図でカットイン。頭を落とし、腹を開き、わたを取り…という作業を一つずつしていきました。ところどころ「みっち~、その手順違うんじゃ?」というツッコミもありつつ。そんな姿を見てじっとしていられなかったのか、コウタさんは積極的に手を差し伸べてくれて、包丁の使い方などを丁寧に教えてくれていました。
b0273150_09303.jpg

 そんなキッチンを横目に、雑誌?をめくる順子姉。シンガポールからスーツケース引いたまま来てくれたんですよ~。そりゃお疲れだよね。さすがです^^/!

 さて、ようやく下準備が完成。2人一組ぐらいで一品ずつ料理を作っていきます。そのお味はいかに?そして楽しい食事の間に交わされたトークの内容は!?…②に続きます。

 それにしても前振りだけでこんなに長くなっちゃった…。ブログって、長編になるのねえ。いつまでたっても書き終わらないよ~。
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-10 00:41 | こころみ