<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

県北こせがれ定例会

2月11日(月)

大崎市古川で開かれた宮城のこせがれネットワーク県北支部の第2回定例会に参加させていただきました。

三連休最終日の深夜にもかかわらず、15人以上が集まりました。県北こせがれは活動が本格化したばかりだというのに、すごいですね!

わたしも時間をいただき、こせがれ図鑑の説明をさせていただきました。すると、その後のグループワークのテーマの一つに設定していただき、参加者のご意見を伺うことができました。

中でも参考になったのは、食育の視点や子供たちへの視点でした。地域の食材や農業の次世代への継承のことなども合わせて紹介すれば、食育や総合学習の教材としても扱ってもらえるのでは?と。

なるほど~。ナイスなアイデアですね!

今後、県北のみなさんにもご協力いただきながら製作を進めていけそうです。ありがとうございます。

この日はこのほか、県北のこせがれ100人プロジェクトや、県北こせがれで何ができるか?をグループに別れて話しました。それぞれ熱く盛り上がってました。

みんなで面白いことやれる空気、いいですね~。

県北のみなさん、貴重な時間と場所を提供して下さってありがとうございました。これからもよろしくお願いします003.gif



畠山さんと志村くん、上原くんが参戦しました。
b0273150_18312516.jpg

b0273150_1831353.jpg

b0273150_1831386.jpg


ふるさとがえりという映画の紹介も。この映画にかかわる池内さんが、またナイスなキャラでした!仙台でもまた会えることになりそうな予感です。
b0273150_18314228.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-02-12 13:03

県北こせがれ定例会

2月11日(月)

大崎市古川で開かれた宮城のこせがれネットワーク県北支部の第2回定例会に参加させていただきました。

三連休最終日の深夜にもかかわらず、15人以上が集まりました。県北こせがれは活動が本格化したばかりだというのに、すごいですね!

わたしも時間をいただき、こせがれ図鑑の説明をさせていただきました。すると、その後のグループワークのテーマの一つに設定していただき、参加者のご意見を伺うことができました。

中でも参考になったのは、食育の視点や子供たちへの視点でした。地域の食材や農業の次世代への継承のことなども合わせて紹介すれば、食育や総合学習の教材としても扱ってもらえるのでは?と。

なるほど~。ナイスなアイデアですね!

今後、県北のみなさんにもご協力いただきながら製作を進めていけそうです。ありがとうございます。

この日はこのほか、県北のこせがれ100人プロジェクトや、県北こせがれで何ができるか?をグループに別れて話しました。それぞれ熱く盛り上がってました。

みんなで面白いことやれる空気、いいですね~。

県北のみなさん、貴重な時間と場所を提供して下さってありがとうございました。これからもよろしくお願いします003.gif



畠山さんと志村くん、上原くんが参戦しました。
b0273150_18312516.jpg

b0273150_1831353.jpg

b0273150_1831386.jpg


ふるさとがえりという映画の紹介も。この映画にかかわる池内さんが、またナイスなキャラでした!仙台でもまた会えることになりそうな予感です。
b0273150_18314228.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-02-12 13:03

まさよし

2月10日(日)

高校時代の友人に誘われて、山崎まさよしのコンサートに行ってきました。

4年前に同じメンバーで行って以来。久しぶりだったけど、まさよしは相変わらず格好良く、歌も素敵でした053.gif

曲の合間にさりげなく「仙台ガンバレ」なんてメッセージ送ってくれて、じーんとしたなあ。

友人は東京からといわきからの参戦。味噌料理が美味しい「古々(ここ)がみそ」に案内したら、すこぶる満足していただけたようです。こちらは仙台味噌の上仙さんを使ったお店。味噌ばかりで飽きるのでは?と思いきや、いろいろなお料理のバリエーションがあって飽きさせないのです。野菜も美味しい072.gif

料理長さんと話したらキロ4000円のお味噌を使っているのだとか。普段使うお味噌と一桁違うよ!

地酒がいろいろ楽しめる飲み放題付きコースも4000円から。他県からのお客様に喜んでもらえそうなお店ですよ。駅前と国分町にお店があります。お勧めです001.gif

b0273150_18492173.jpg


最後に記念撮影。アップすぎて爆笑でした。かっちゃん、幾子さん、ありがとう!またいらしてね003.gif
b0273150_18492176.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-02-11 18:34 | プライベート

はっち〜の松島白菜餃子

2月4日

お仕事で、塩釜市の蜂屋食品さんに行ってきました。

ということで、今夜の夜ご飯はもちろん蜂屋の餃子!はっちーのお母さんから頂戴した「松島白菜餃子」です!

松島とついてますが、最近耳に馴染んできた仙台白菜の一つ。(だよね、はっちー?)白菜のしゃきしゃき感と甘みが絶妙でした。

ご飯ものはこれまたはっちーのお父さんにお歳暮でいただいた、盛岡アオキさんの変わり冷麺。コムタンスープで食べるのですが、麺もスープもなかなかのお味です。

さらに青物は、七ツ森で買ったオカノリ。岡の海苔?不思議に思いましたが、お浸しにしたら適度な粘りがあって美味でした。

すべて焼く/茹でるだけの簡単クッキング晩さんでしたが、期待以上の美味しさでした。ご馳走様でした✨


b0273150_22301349.jpg

b0273150_2230197.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-02-04 22:19

こせがれ図鑑

2月2日(土)

 みやぎのこせがれネットワークの仲間を紹介する「こせがれ図鑑(仮)」の第2回ブレストを開きました。

 こせがれ図鑑とは?そして、制作に至った経緯は?→こちらのブログで。

 鈴木は宮城のこせがれ応援団の一人として、こせがれを紹介するツールがほしいなと思っています。
 昨年12月からいろいろな人に意見を聞き、形(本か?パンフか?チラシか?)や資金のねん出方法、進め方などのアイデアを伺ってきました。

 この日は黒ちゃん、外崎さん、圭介さんが初参加してくれました。あとは河合さん、竜生くん、畠山さん、拓ちゃん、渡邊さんとわたしの9人。出たアイデアはこんな感じ。

 ・パンフレットのように捨ててしまうものではなく、捨てられないものがいい。一覧表のように視覚的にぱっと見せられるものを本に織り込んで、その本を読みたくなる仕掛けにしては?
 ・若者が読んで「楽しそう!」と思うものを
 ・興味ある人はお金出してでも買ってくれる。サラリーマンには農家のイメージがない。パーソナルな情報があれば、身近に感じる
 ・本とは別に、会った人に渡せるカード(そのこせがれを紹介するもの)があればいい。
 ・トレーディングカードにしては?
 ・取材となると大変。書きたい人には寄稿してもらえば?
 ・ほかのこせがれを知りたい。どこにどんな人が住んでいて、どんなことをしているのか?
 ・こせがれや商品だけでなく、地域の人やお薦めスポットなんかも合わせて紹介したい
 ・上に絡めて、人めぐりツアーができたら楽しいね
 ・農作業をしている場所や商品を買える場所に行きやすくする、行ってみたいと思わせるためのガイド的なもの
 ・データ編があって、抜き出せる付録的なものだったらどう?
 ・商品そのものというより、作り手や商品の背景をきちんと伝えられたら、商品の良さも伝わるのでは?

 (過去のブレストの様子は拓ちゃん山田さんのブログと、うるし~のご報告で。うるし~の報告文はこの文章の最後にコピペさせていただきます)

 五月雨ですが、いまはアイデアを拡散させる時期。こうしたブレストをあと数回開き、収斂させていこうと思います。今後の打ち合わせは、これまで来たことのない方に来ていただきたいな~。こせがれ県北支部にも出張っていって説明しようかな?

 まだ意見を聞いていない方も多いですが、いままでのところ、「捨てられない本にしてほしい」という声が多いです。3月中には方針を決めます。形とともに、何のために形にするのか?という目的も参加者の中で共通認識できるのではないかと思います。
 
 いまのところ、鈴木の個人的な考えはこんな感じです。

 ・こせがれのファンになってくれる人を増やす
 ・こせがれが、ほかのこせがれを知る
 ・こせがれが、知り合いとかお客さんに渡し、そのこせがれやほかのこせがれを知ってもらう
 ・ファン(または潜在ファン)が、多少のお金を払ってでも読んでくれる
 ・ほんとはビジュアルを重視して写真を多用したいんだけど、あんまり自信がない(資金もない)ため、文章中心※お金のことなんて関係なしに協力するよ!なんていうプロカメラマンでもいたら別だけど・・・。どこかにいないかな?

 ・・・もので、一度手にしたら「捨てられないもの」を作りたい。

 ・これがれ1人につき4~5ページ(写真、文章、プロフィールなど)×30人、巻頭にこせがれネットの概略、巻末に付録(MAPとかすごろくとかクーポンとか)などをつけて、計150ページ~200ページぐらい
 
 ・・・という「本」タイプでどうかな。一枚もののチラシや数ページのパンフは派生で作れるので。

 ・制作や資金のねん出方法は、参加型で。
 ・本で紹介してほしい!というこせがれを募り、一口いくらで出資していただく。応援団のページも作って、見合った出資にする。本で紹介されなくてもいいけど、図鑑の活動、こせがれの活動を応援するよ!という方からのお志も歓迎する。
 ・取材や写真撮影は、手挙げ方式で。鈴木が全体の編集作業をみます。参加者には、交通費などの経費ぐらいはお支払いしたい・・・。

 ・・・以上です。経費については、基本的に出資金で賄うものの、1冊500円とかで販売するようにできればいいなと思っています。

 いずれにしてもわたしの考えだけじゃなく、制作に参加するみんなで決めていきたいと思います!ご関心ある方、ぜひぜひブレストや今後の制作にかかわってください^^。

 下は2日のブレストの様子。お忙しい中ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

b0273150_0472577.jpg


 終わった後は、残ってくれてた黒ちゃんとわたしの二人で女子会。
 餃子王将でビールと梅酒ロックいただきながら、熱い農トークを交わしました☆
b0273150_0474242.jpg


 【おわび】FBのグループを「公開」に設定し、「これでみんなにお知らせいったし、誰でも参加してもらえる^^」と勘違いしてました。招待しなきゃみんなに案内いかなかったのね・・・。お知らせいかなかった方、他意ありません。わたしのミスです。ごめん。これからはMLでも情報流します。いまはブレスト段階なので、また次回のブレストに参加してね~。

 【こせがれ定例会でのグループワークブレスト・うるし~まとめ】


◯動機:サポーターたち自身がこせがれをよく知り、かつお客さんにも知ってもらえるツールを作成したい。
◯現況:鈴木美智代さんが編集長となり、まずは具体的なディスカッションではなく、いろんな意見を自由に出すブレストを3回ぐらいやりたい。
◯今後:(1)どんな形が良いか(書籍の仕様) (2)紙面のフォーマット・構成 (3)経費・工数の想定 … などを決めていく

■1/16の会議におけるブレスト内容

◯漠然としたイメージ:
・メンバーを一覧で出せるような「名鑑」がいい
・メンバーを深く知る、特徴を引き出せる長文がいい
・図鑑形式
・パンフレットが集まったようなもの
・ビジュアル重視がいい(買ってもらうために)
・ビラとかの方が手にとってもらえる?
・しっかりしたものから作って、ライトなものも作りたい
・写真メインで、パッと見のわかりやすさ
・前半はキャッチーな内容、後半は読ませる
・音楽雑誌のように全面写真のページと読み物のページ
・子供でも読めるような紙面。写真中心のページを作る~親より子を惹きこむ
・チラシ→カタログ→本 という順番で作る (お試し版と書籍)
・一見さんに読んでもらえるものか、買ってでも読みたいディープなものか
・応援の仕方:買う・行く・見る・(Web)

◯コンテンツのネタ:
・こせがれの経歴(県全体か、地域別にページをわけるか)
 →地図には生産者の所在地だけでなく、帰る場所や食える場所も記載したい
・ファンの推薦文、作り手の相互紹介?(身内盛り上がりにならないように注意)
・付録付き
・料理レシピ
・イベント予定(が載ってるページの紹介)、もしくはイベント報告
 →QRコードとかつける
・概要
・ソーシャルカード、一問一答
・プロ野球カードみたいなカード
・すごろく・スタンプラリー
・本の脇に雑学が書いてある
・アンケートハガキ(懸賞も?)
・人気投票
・こせがれプロマイド
・袋とじ
・イナバ物置みたいな集合写真を表紙にする

◯留意したい点:
・書籍にすると内容が取材時のものに固定される
 →継続して作れば、年ごとの動きが記録される
・これから参加する人にとって壁にならないような見せ方を心がけたい
 →あとから情報を追加できるようなファイルを作る?
[PR]
by michiyocafe | 2013-02-04 00:46 | こせがれ

浅野さんの七ツ森

2月2日(土)
 
 浅野ゆかさんに、宮城県大和町の七ツ森に連れていってもらいました。
 
 浅野さんは仙台市の旭ケ丘駅近くにスタジオを持ち、料理教室「七ツ森」を開いています。
 わたしはゆかさんと、いつもの「食・人サロン」を通じてお近づきになりました。

 七ツ森はゆかさんのふるさと。この地の野菜を使ったお料理をみんなに紹介したいと、教室を作りました。今回は、「ホームページで七ツ森を紹介したい!」というご相談をいただき、構成や文章などを考えているのでした。

 この日はそのための七ツ森初訪問。写真で見ただけでは現地の匂いや空気感は分かりませんからね~。
 ということでゆかさんのお母さん、お友達、わたしの4人で、お薦めのスポットをいろいろ案内していただきました。
 

 写真は、いきなりの日帰り温泉前記念撮影からスタート。
 (いや、この前からお母さんが作った畑で雪の下に埋もれた白菜がけなげに葉っぱをつけてたり、しいたけの直売所とか、ゆかさんの実家があったダム湖のほとりとかいろいろ見たんだけどね。写真撮るの忘れてました;)
  

 「ちどり荘」という旅館なのですが、お湯がとっても良かったです!
 つるつるしっとり。500円という手ごろな価格なのもうれしい。
 お風呂の窓が広くって、山の木々が良く見えるのです。
 春になったら桜の木が見事に咲くんだとか。それは是非見たい!
 そして若いご主人は料亭で修業してきた方だとかで、お料理も美味しいのですって。
 それはまた行かねば~。
 
b0273150_16163498.jpg


 顔なじみと会って嬉しそうなゆかさんのお母さん。
 
b0273150_16163681.jpg

b0273150_1616377.jpg


 ゆかさんはダムができる前の小学生のころまで、山ふもとにあるこの場所に住んでました。
b0273150_16163863.jpg


 途中にある「モカモアコーヒー」さんにも立ち寄りました。「里の隠れ家」的なカフェで、静かに、まったり過ごせる素敵な空間です。あらためてゆっくり行きたいな~。

 最後に、夕焼けがきれいな七ツ森の写真をパチリ。七つの山がいっぺんに見える場所はほとんどなくて、ゆかさんも実は知らないのだそうです。不思議ですね。

b0273150_16163976.jpg


 
 大和町の中心部から車で15分ほどの場所にあるのに、まったく違う表情を見せる七ツ森。ゆかさんがこの場所や住人達を大事にしていて、お友達を招きたくなる気持ちが少し分かりました。少しでも良いサイトができるよう、お手伝いしたいと思います。完成したらまたお知らせします☆
[PR]
by michiyocafe | 2013-02-03 16:15 | お仕事

小野先生のお誕生日会

2月1日(土)

 いつもお世話になっているideaの顧問、小野昭一先生の82歳の誕生会をしました。

 ideaは可能性を秘めた新しい素材を開発しているベンチャー企業。
 ideaにとって、小野先生は最高の理解者であり、そこにいてくださるだけで安心できる存在でしょう。

 いつもにこにこ笑顔、泰然自若としてつねに自然体でいらっしゃる小野先生。
 わたしもいつかその境地を垣間見れるよう、先生の姿を目標に精進したいと思います^^
 
 先生、82歳のお誕生日おめでとうございました。
 いつもありがとうございます。(美味しいものを食べさせていただいてるというだけじゃないですぞ)
 これからもご指導よろしくお願いいたします。ことし一年もお元気でお過ごしください!

    
b0273150_23495961.jpg

b0273150_2350055.jpg

b0273150_2350173.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-02-01 23:48 | idea