<   2013年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

第10回こころみキッチン&ダイニング

4月15日(金)

 第10回こころみキッチン&ダイニングを開きました。
(一か月遅れですが、投稿します)
 こころみの過去記事はこちら→・・・としようとしたら、実はブログできちんと書いたことがないと判明(FBに書き込んでいただけ)・・・が~ん。
 関係者のみなさま、ごめんなさい。
 今後はちゃんと記録しますです・・・。
 こころみの料理をおさらいした「おさらいキッチン」の様子ならこちら 

 「こころみ」は、料理ができない受講生が企画する、ほかとちょっと違う料理教室。
 毎月テーマを変えて先生から料理を教えてもらい、しかも出来上がった料理を食べたいだけの人も参加できますよ~という2部制の、ワガママな教室なのです。
 先生役はフードプランナー、早坂おっかあ久美さん。おっかあのレシピが、「簡単なのに美味しい!」「初心者でもできそう」と毎回好評です。
 
 4月は15人の方に参加いただきました。お料理テーマは「日本酒に合う、簡単おつまみ♪」。時間がなくても、事前に仕込みをしておけば、お客様が来たときにさっと出せるメニューばかりでした。
 

 ①ピリ辛めかぶ(お酒が止まりません。。)

 ②即席つけもの(「白だし」に1時間漬けておけばOK。市販の漬けものの素より優しい味わい。わたしはくせになり、しょっちゅう作って食べています)

 ③チーズロール(鶏肉にチーズと野菜を巻き巻き♪糸を巻きつけて焼きます。巻きつけがちょっと難しい・・・けど、仕上がりは大満足の一品!)

 ④おつまみビビンバ(切った野菜を炒めてご飯に載せるだけ。手作りのたれがまた美味しい!)
 
 ⑤デザート

 この日は、ぷるめりんご先生による「竹鶏・あいうえお卵料理」のふた品も登場し、みなさん大満足のコースとなりました。

 
b0273150_14281211.jpg

b0273150_14281362.jpg

b0273150_14281348.jpg

b0273150_14281476.jpg

b0273150_14281488.jpg

b0273150_1428159.jpg

b0273150_14281648.jpg

b0273150_1428164.jpg



 あ~。4月も美味しく、楽しかった!
 
 5月17日(金)はベトナム帰りの本格派、遠藤美香ちゃんが「ベトナム料理」を教えてくれますよ~。
 今月も楽しみ!詳細はfacebookでご案内しています。
 参加を希望される方は、鈴木あてご連絡ください^^
https://www.facebook.com/events/459000187523031/
 

 
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-23 14:27 | こころみ

第1回こせがレポートワークショップ

4月17日(水)@ファイブブリッジ

 第1回となるこせがレポートワークショップを開催しました。

 (これまでの経緯はこちらで)

 これがれ、食人、ファイブブリッジ関連の仲間12人にお集まりいただきました。恥ずかしながら私が取材の基本の基本について、少しお話させていただきました。

 いつもおしゃべりしている仲間うちなので、あーでもないこーでもないと突っ込み入れていただきながら進められるかと思ってたのですが、予想以上にみんな緊張している様子^^;場を和ませる術を学ばなければなりませんね~。

 内容について知りたい方は、また次回以降のWSにいらしてくださいませ^^次回は来週水曜日、24日19時30分からです。次は「文章の基本」を一緒に考えます。回を重ねて、取材ツアー、原稿執筆、そして目指せ書籍化!です。

 本日ご参加くださったみなさん、ありがとうございました!

b0273150_1201271.jpg


 写真は裕貴くんのを拝借しました~。事後承諾、ごめんくださいませ
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-18 01:20 | こせがれ

田伝(でんでん)むしにお邪魔しました

4月12日(金)

 石巻市和渕で、ササニシキを無農薬栽培している木村さんのところにお邪魔しました。

 ササニシキはあっさりとした食味が人気の美味しいお米ですが、栽培が難しく、作り手が減っています。すでに「幻のコメ」と呼ばれることさえあるそうです。それを無農薬で作っているなんて、本当にすごい。一度じっくりお話を伺いたいと思っていたところ、ちょうど種まき作業があるということで、ネコの手ほどのお手伝いをさせていただきました。

 木村さんは、ご両親、奥さんと法人「田伝(でんでん)むし」を営み、米づくりを専業にしています。従業員の方も3人いらっしゃいます。

 まずは種もみを発芽させ、苗に育てます。
 ただ、花咲かじいさんのように手で撒くのではないのですよ~。木村さんの田んぼは11ha。苗の成長をそろえないと管理が難しくなるので、一気に作業する必要もあります。必要な苗は育苗箱にして千箱以上に上ります。

 そこで登場するのが種まきマシンです。

b0273150_22461072.jpg


b0273150_2246966.jpg


 写真で形が分かりますか?

 最初に育苗箱に土を入れ、種をまいて、肥料を載せます。箱を流すコンベアがついていて、一度土と肥料、種もみをセットすると、1時間に100箱、200箱という単位で種まきが進みます。1時間に150箱としても、1分に2・5箱の速さ!さすがに人手ではこうはいきません。マシンは毎年このためだけに使うのだとか。

b0273150_2246886.jpg


 機械にセットする土は、一袋が1トン。リフトで釣り上げた状態で、少しずつ土が落ちるように設定します。この準備が割と大変^^;
b0273150_2246956.jpg

 
 ネコの手の作業は箱を入れこむだけ。単純な作業なのですが、箱と箱の隙間に土が入るとマシントラブルが起きて作業が止まってしまいます。「大事な仕事だから~^^」なんて言われると、緊張してよけいに力が入り、またもや局所的な筋肉痛に・・・。

 
b0273150_0241618.jpg
 

 一般的にはこの段階で農薬を使うことも多いため、機械には農薬をかける機能も標準装備されています。ただ、木村さんのところでは使いません。田んぼに除草剤も使わないので、夏は休みなく毎日朝から晩まで草むしりだそうです。 

 
 無農薬栽培を始めたのはご両親。27年前、自分たちで勉強を始め、独学や先輩に教えてもらいながら栽培方法を模索してきました。うまくいくかどうか分からないことを、信念持って続けられるってすごいなあ。おやつまでいただきながら話を聞かせていただき、感謝です。
b0273150_22461176.jpg


 そしてこれが少し前に発芽した苗ちゃん。木村さんは「毎年これを見ると嬉しくなるんですよ」と、にっこり笑顔でした。
b0273150_22461324.jpg


 ほかにもいろいろと勉強になることを聞けました。次は田植えの時期にお邪魔したいなと思います。
 木村さん、機会を作ってくださってありがとうございました。
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-12 22:44 |

蔵王出稼ぎ2

4月11日(木)

ざおうハーブの作業がピークということで、再びお手伝いに行って来ました。

先週は生産作業のお手伝いを紹介しましたが、その後はひたすら出荷作業に混ざっていました。

この日は占い師のマッキーさん夫妻も応援に来てくれました。
b0273150_18212788.jpg


マッキーさんは旦那さんと並んで作業。仲睦まじい感じでとっても素敵です(^_^)旦那さんの写真取り忘れた…。

ざおうハーブはハーブの苗を全国のホームセンターなどに卸しており、そのための準備に人手が必要です。

ハーブの苗に品名の書かれたラベルを差し込み、ホチキスでパチン。

b0273150_18213569.jpg


さらに出荷する苗をべつのカゴに移し替えます。ちなみにモデルは、いまざおうハーブで研修中の、畠山さんのアニキさんです(^_^)

たったこれだけの作業なのですが、意外と大変。初日の夜は、肩が上がらなくなり、50肩と言われました^_^;

ピークの日は1万5000ポット以上を出荷したそうです。ひえ〜と言ったら、「これでも少なくなったんですよ〜。昔は一日で3万ポットぐらいあって、みんなで深夜まで残業しました」とヒラード。その時代でなくて良かった…。深夜まで残業したら、労働後の楽しみ(温泉)がなくなってしまいます。

休憩時間に平間父が自慢のハーブ畑を見せてくれました。

b0273150_18213352.jpg


b0273150_18213393.jpg


b0273150_1821343.jpg


蔵王連峰を見渡せる、とても眺めの良い場所です。周辺の耕作放棄地も借りてハーブ畑にするとのことで、さらに素敵な風景を期待できそうですね

マッキーさん、牧野さん、お疲れ様でした!
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-12 17:55

蔵王出稼ぎ2

4月11日(木)

ざおうハーブの作業がピークということで、再びお手伝いに行って来ました。

先週は生産作業のお手伝いを紹介しましたが、その後はひたすら出荷作業に混ざっていました。

この日は占い師のマッキーさん夫妻も応援に来てくれました。
b0273150_18212788.jpg


マッキーさんは旦那さんと並んで作業。仲睦まじい感じでとっても素敵です(^_^)旦那さんの写真取り忘れた…。

ざおうハーブはハーブの苗を全国のホームセンターなどに卸しており、そのための準備に人手が必要です。

ハーブの苗に品名の書かれたラベルを差し込み、ホチキスでパチン。

b0273150_18213569.jpg


さらに出荷する苗をべつのカゴに移し替えます。ちなみにモデルは、いまざおうハーブで研修中の、畠山さんのアニキさんです(^_^)

たったこれだけの作業なのですが、意外と大変。初日の夜は、肩が上がらなくなり、50肩と言われました^_^;

ピークの日は1万5000ポット以上を出荷したそうです。ひえ〜と言ったら、「これでも少なくなったんですよ〜。昔は一日で3万ポットぐらいあって、みんなで深夜まで残業しました」とヒラード。その時代でなくて良かった…。深夜まで残業したら、労働後の楽しみ(温泉)がなくなってしまいます。

休憩時間に平間父が自慢のハーブ畑を見せてくれました。

b0273150_18213352.jpg


b0273150_18213393.jpg


b0273150_1821343.jpg


蔵王連峰を見渡せる、とても眺めの良い場所です。周辺の耕作放棄地も借りてハーブ畑にするとのことで、さらに素敵な風景を期待できそうですね

マッキーさん、牧野さん、お疲れ様でした!
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-12 17:55

こせがレポート ワークショップ

4月9日(火) 

 昨年末ごろから、有志でこせがれメンバーやサポーターを紹介するツールづくりを模索してきました。
 過去のブログはこちら→とこちら

 こせがれ図鑑(仮)と名付けていろいろ意見を聞いてきましたが、活動の実態に合わせて「こせがレポーター」と変更することにしました。

 活動の趣旨は変わっていません。 「こせがれメンバーがメンバー同士をもっと知り、さらにファンを増やしたい」というのが一番の目的です。いずれ、大切に扱っていただける書籍の制作を目指します。

 本にする?いくらかかるの?どうやって販売するの?
 いろいろな疑問が浮かぶと思います。
 わたしも当初は「〇〇ページぐらいで、予算はいくらで・・・」と考えていました。
 
 ですが、最終的な形態を考えるよりも、まずはできることからやっていこうと思います。
 こせがれを取材して実際に原稿を書く。出来上ったものからHPなどに随時UPします。
 参加者のみなさんと一緒に伝え方を考え、みなさんにも取材してもらい、原稿を書いていただきます。

 参加者が積極的に活動できるように、一連の流れをワークショップ形式にすることにしました。
 
 まずは4、5月にかけて、取材から原稿執筆、写真撮影の基本を一緒に学びます。
 5月中旬をめどに取材ツアーを実施し、同月中に第一弾の完成を目指します。
 こせがれや商品、地域の魅力をいかに引き出し、伝えるか?考え、実践する場にしたいと思います。
 毎月1、2人のこせがれを原稿化し、10人、20人とストックされた段階で、あらためて書籍化の方法を検討します。

 取材する側も、取材される側も、基本的に無償の活動になります。
 この活動を通じて、若手の生産者や誇れる生産物、地域そのものを知り、外にも知らせたい。
 活動をこせがれや地域の応援につなげたい。
 そんな思いを共有していただける方にご参加いただければ幸せです。
 取材対象となるこせがれさんも同時募集します。

 参加者に活動自体を楽しんでもらい、一つでも「良かったな」と思ってもらえるようにすることが、わたしの役割です。 

 WSの日程は下記の通りです。
 参加費は1回500円。第1回は4月17日(水)19時30分から、会場はファイブブリッジです。
 不肖わたくしが講師役を務めさせていただきます。
 取材の基本と、こせがれや商品の魅力を引き出す取材とは?をテーマに話します。
 
 ・取材の基本その1…5W1Hって?

 ・取材の基本その2…人生の「縦軸」と「横軸」

 ・こせがれさんの魅力を引き出す取材…「会ってみたい!」と思わせる人物、商品、地域 etc…


 時間は質疑を含めて1時間30分程度。その後は場所を変えて軽く食事でもしつつ、今後の打ち合わせをしたいと思います。
 
 まずはWSに参加してみたいという方からのご連絡やご質問をお待ちしています。
 facebookにもイベントページを立てております。こちらで「参加する」を押していただいても大丈夫です^^
 http://www.facebook.com/messages/100002127173198#!/groups/209454039085118/permalink/561469833883535/?notif_t=like

〔ワークショップスケジュール〕

 ①取材の仕方を知ろうワークショップ【4月17日(水)19時30分~@ファイブブリッジ(以下同)】
 取材に行くぞ!…と意気込んだは良いけれど、取材ってどうやるの?取材の心構えから準備、当日、取材後のこと…基本的なことを一通り学びましょう。

 ②原稿の書き方を知ろう!ワークショップ【4月24日(水)19時30分~】
 取材はできそう!…でも、文章ってどう書けば良いんだっけ?まずは基本的な書き方をおさらいしましょう。見出し(キャッチコピー)やリードなど掲載の時に必要な構成要素についても学びます。新聞とテレビ、雑誌など媒体による記事の違い、「説明文」と「読ませる記事」との違いなどについてもお話します。

 ③写真の撮り方を学ぼう!ワークショップ【5月8日(水)19時30分~】
 本やホームページに載せる写真は、記念写真とは少し違います。正面写真のほか、ポーズを決めて写す「ポーズ写真」、自然な動作や瞬間を切り取る「スナップ写真」など種類もいろいろ。カメラの基本的な扱い方も学びましょう。※講師を招く予定です

※取材の段取り&取材アイデア出し※
取材から原稿執筆、写真の撮り方まで一通り学んだところで、実際に取材に行く段取りを始めましょう。まずは企画に参加してくれる&取材可能なこせがれをリストアップ。みんなで、どのこせがれがどんな面白いネタを持っているのか?ネタやアイデアを出し合って企画します。時期を考え、参加メンバーのうち誰がどこのこせがれを取材するかも決めなければいけませんね。各ワークショップの後に食事でもしながら話し合いましょう。

④みんなで取材に行こう!ツアー【5月中旬】
 可能なこせがれから順番に、実際の取材に行きます。原稿を書く人はもちろん、せっかくなのでみんなで同行して一緒に学びましょう!書き手は個別に取材の準備をしておきます。取材を終えた後にはプチ反省会をしながら、原稿の方針を決めましょう。原稿は5月中の完成とホームページへの掲載を目指します。

※この後は、基本的に⑤の繰り返し。毎月1回ぐらいずつ取材ツアーを実施し、順次原稿化+HP掲載する。慣れてきたら、複数人が個別に取材&原稿執筆し、月に2~3人の原稿をUPできるようにする。今年度は10人以上の原稿化を目標とする。10人、20人…と原稿がたまった段階で書籍化について具体的に検討する。この間に、付録などの作成も進める。
[PR]
by michiyocafe | 2013-04-10 00:59 | こせがれ

蔵王出稼ぎ

4月1日(月)

年度の初日でしたね。みなさんは新しい年度をどんなふうにスタートしましたか?

わたしはざおうハーブさんの農場のお手伝いに来ました。今週は出稼ぎウィークです003.gif

本日の蔵王も快晴。山が微笑んでくれました。

b0273150_0382214.jpg


到着後、さっそくお仕事開始。さて、みなさん、わたしが何をしたか分かりますか?ヒントは下の写真。
b0273150_0383347.jpg


可憐な野の花…


では、なく。ハーブのポットに入り込んでたくましく成長した「雑草」さんたちなのです。可愛いけどね^_^;それがこんなにいっぱい。
b0273150_0384392.jpg


このままではハーブちゃんたちが生存競争に負けてしまう。何より出荷もできません002.gif

と、いうことで、雑草をひたすらむしり続けました。可愛い花ほど根っこが張っています!


ふう。ようやく土とハーブちゃんが見えました。ローズマリーだったのか!
b0273150_0383794.jpg


一つずつ草をむしり、ようやく出荷できる状態になります。手間がかかります!土で育てている、健康な苗だからこそ必要な手間暇ですね。
b0273150_0384952.jpg


ハウスの中はポカポカ暖か。周辺はとても静かで、ウグイスなどの鳥の鳴き声が聴こえてきます。一人でもくもくと作業してるのだけど、癒されます001.gif
b0273150_0385125.jpg


ざおうハーブは 5月まで忙しいらしく、まだまだお手伝い募集中だそうです。一日、一週間単位でもOK。興味がある方は鈴木に言ってくださいね(^◇^)

ちなみにお仕事の後は車を借りて、温泉へGO!近くの小金川温泉です。ここでふと気付いたのは、地元の利用者の方々が、脱衣所の床のモップかけを当たり前にしてたこと。お風呂上り、バスタオルを巻いた姿で^_^;

自分たちが使う場所は、自分たちできれいにする。たとえ、お金を払っているところでも。

当たり前のことがなかなかできなくなっているいま、大事なことだな〜とあらためて思い出させていただきました。ありがとうございました

001.gif

b0273150_0385249.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-04-02 00:10 | 蔵王