タグ:休日 ( 5 ) タグの人気記事

だいこんの花であいさつの会を開かせていただきました

 入籍した後の2014年春、内輪だけで結婚式を開きました。その後、蔵王町にある「温泉山荘・だいこんの花」さんで、参列者にあいさつする会を開かせていただきました。すでに5カ月も経つのですが、とっても素敵な思い出になったので、スタッフへの感謝の思いも込めてレポートにまとめてみました。

 ★ ★ ★ ★ ★

 ゲストは生後4カ月の赤ちゃんから88歳のおじいちゃんまで総勢46人。1泊2日、全館を貸し切らせていただき、思い出に残る時間を過ごすことができました。
b0273150_21445163.jpg

 だいこんの花さんには、結婚前に一度、ダンナさん(当時はまだ彼ですね)とダンナさんの両親との4人で宿泊したことがあったんです。鳥のさえずりを聞きながら散策できる広々とした敷地、木の香りが漂う寛ぎの客室。そして地元の食材を生かしたお食事。洗練されているのに、東北、宮城・蔵王の魅力にあふれ、温かさを感じさせる宿でした。若いスタッフの心からの接客も印象的でした。

 「またいつか泊まりに行きたいね」。入籍を済ませた後、挙式とその後のお披露目の会をどのようにすべきか悩んでいた私とダンナさんの頭の中に浮かんだのが、そんな義理の両親の言葉でした。
 
 だいこんの花さんの貸し切りは、ホームページにも掲載されていて、希望があれば受け付けてくれるということは知っていました。

 遠方から足を運んでくれる親族や友人に温泉で疲れを癒やしてもらい、一緒にゆっくりと過ごしたい。大切な人たちに感謝の気持ちを伝え、思い出とするのにぴったりの場所だと思いました。

 だいこんの花さんに相談したところ、快く協力していただけることに。日程や宿泊者数、食事の対応など細々としたことをメールや電話でやり取りさせていただき、打ち合わせも数回行いました。きっと最大限の配慮をしていただいたのだろうなあと思います。

 当日は仙台市内の神社で挙式後、参列者の親族や友人たちと宿へ。母屋のスペースをお借りして、互いや親族を紹介する時間を設けました。スタッフには会場のセッティングなどでご協力いただきました。友人一家に司会進行を頼んだこともあって、会はとてもアットホームな雰囲気になりました。

 夕食の時間は、主人とダンナさんが各テーブルを回ってゲストにあいさつさせていただくようにしました。食事の内容はその月のほかの宿泊日と変わりませんでしたが、春ということもあってちらし寿司など心華やぐお料理が続きました。

 食事の後はお風呂。そしてお部屋でゆっくりと寛いでいただきました。夜は湯上りラウンジの「小鳥サロン」)を借りて、二次会的な雰囲気の中で友人たちとおしゃべりを楽しみました。

 結婚のお披露目、それも手作りの企画ということで、だいこんの花さんにはご苦労をお掛けしました。スタッフのみなさんもいつもと違う対応を迫られ、大変だったと思います。ですが、私たちはゲストから「おもてなしが良かった」「素晴らしい場所に連れてきてくれてありがとう」と言ってもらい、その笑顔を見ることができて、だいこんの花さんにお願いして良かったと心から思いました。

 結婚という人生の節目を家族や友人たちに祝ってもらえるのは本当に幸せなこと。これからいろいろなことがあると思いますが、あの日の自分たち、ゲストの笑顔を思い起こし、力にしていきたいなあと思っています。

 ★ ★ ★ ★ ★

だいこんの花のスタッフさんたちに向けて、手紙のような気持ちで書いたので、いつものブログとちょっと調子がおかしいかも?^^;ですが、感謝の気持ちに免じて許してやってくださいまし。
 ここは大切な記念日にも、心に栄養を補給したい時間にもぴったりの、本当に素敵なお宿です。そして、もし私たちのようにちょっと変わった思い出づくりをしたいと思った方にもお薦めです。私も…と思った方は、ぜひ気軽にコメントを下さいね!
[PR]
by michiyocafe | 2014-09-15 21:45 | 蔵王

フェイジョアの花を観てきました

7月7日(日)

 日本で唯一、南国フルーツ「フェイジョア」を栽培している「ゆうゆうファーム」さんに遊びに行きました。

 ゆうゆうファームはいわき市の小川という地域にあります。丸山さんというご一家が運営されていて、今年2月のいわきツアーでお邪魔して以来、交流を深めさせていただいてます^^。いわきツアーでの模様は拓ちゃんブログをどうぞ☆

 フェイジョアの収穫時期は11月だそうですが、7月には花が咲くので、観においでと誘っていただいていたのでした。今回は、実家の母を連れて二人でお邪魔しました。

 息子さんの穣さん。

b0273150_12212297.jpg


 初めて見るフェイジョアの花。めしべとおしべが真っ赤です。花弁も最初真っ赤なのが、次第にピンク色になっていくとか。貝殻のような形で可愛いです。「食べてみてください」と言われて口にしたら、甘いんです。淡いはちみつのような甘さといったら良いでしょうか?

 
b0273150_12212292.jpg


 
 この花弁を、生食用や加工用に使えないかということで、今年ははじめて花弁を集めているそうです。

 実を大きくするために、余計な花は早くに摘みます。さらに、受粉作業はひとの手で行います。めしべが長くて日本のミツバチでは受粉できないからなんだそうです。

 と、諸々の作業をこの時期にまとめてやらなくてはいけないんだそうで、この時期はほんとに目の回る忙しさだとか。それでもご一家は、いつもどおりにこやかな笑顔で相手をしてくださいました。

 花を見て、今度はますますフェイジョアを食べるのが楽しみになりました。いわきツアーにご参加くださったみなさん、フェイジョアの花見はまだ可能ですよ~。収穫時期のツアーも考えますかね^^

 丸山さん、ありがとうございました!また宮城にもいらしてくださいね。

b0273150_12212375.jpg


b0273150_12212483.jpg


b0273150_12212446.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-07-08 12:19 |

岩手に行きました③

5月25日(土)

 仕事で陸前高田に向かった千春さんと分かれて、一人で遠野に向かいました。
 途中の猿ケ石川の川岸でのんびり電車を待ち、おにぎりをぱくり。


b0273150_2341554.jpg

b0273150_23415645.jpg

 無事に遠野に着きました。
b0273150_23415724.jpg

 滞在時間が1時間ほどしかなかったため、街中を散策することに。
 ちょうど、遠野「物語の館」という施設がオープンしたとの話を聞いて、のぞいてみることにしました。
b0273150_2341578.jpg

 写真OKとのことで、おおらかというか、PRの作戦かな。
b0273150_234158100.jpg

 これ何だか分かりますか?ぶんぶくちゃがまの置物です。
b0273150_2342266.jpg

 面白いのは、この置物に触ると、物語の影絵が表れて、動くところ。
 写真は、ちゃがまの上に乗って踊るタヌキの影絵です。ほかに打ち出のこづちとか、カチカチ山とか、いろいろありました。
b0273150_2342398.jpg

 ほかに本物の語り部さんが民話を話して聞かせてくれる建物がありました。こちらは写真NG。
 あまり期待せずに入りましたが、全体的になかなか興味をひかれる展示で、工夫されていましたね。

 遠野駅の近くに雰囲気の良いお茶屋さんがありました。
 明治?大正?時代を思わせる木造の建物&内装。
 「昔のまま」というパッケージで、たくさんのお茶の種類ごとに商品が並んでいました。
 
b0273150_0101246.jpg

 店内の写真を撮らせていただこうと思ったのですが、丁重にお断りされました。
 そのときも「目のシャッターを切ってくださいね」と優しく言っていただきました。
 何事も言い方一つですねえ。

 というわけで外観のみをパチリ。
b0273150_234234.jpg


 盛岡に戻り、大通りのベルで小山ちゃんと会いました。
 ご存じの方も多いと思いますが、ベルはびっくりド○キーの元になった店。店の前には本物のベルボーイ?さんが待っていてくれて、ドアを開けたり閉めたりしてくれます!ここも10年前と変わらない~。おじさん、長生きしてね!

 小山ちゃんは元テレビ局の記者。わたしが盛岡にいたころ、よく一緒に食事したり花火を見たりしました。年は離れているのだけど、どこか気があって。その小山ちゃんも震災後、結婚→退職→出産、と、変化に激しい日々を送った模様。いまではすっかりお母さんになっていました^^。

 忙しいのに&急に呼び出したのに、時間を作ってくれてありがとう!
 みさとちゃんの姿に癒されました。これからも愛ある母子日誌、つぶやいてね!

b0273150_2342428.jpg
b0273150_2342566.jpg


 この後は、渡部さんのお友達で、わたしも昔よく一緒に飲ませてもらった松本さん、パパさんと一杯。確か7、8年ぶりでしたが、このお二人も変わっていませんでした。松本さんなんか昔より若返ったぐらい^^。電車の時間までと限られた時間でしたが、昔話に花を咲かせ、また美味しい三陸の味に下鼓を打ったのでした。

 2日間、久しぶりに岩手でゆっくりして、会いたい人に会えました。
 あ!、初日は気になっていた中津山さんとも会えたのだった!確か82歳ぐらいのはずだけど、まだまだ頑張っていらした。わたしも頑張らないと。

 やっぱり岩手、大好きです。また行きます。
[PR]
by michiyocafe | 2013-06-01 23:33 | プライベート

ハワイヤンの旅(企画中)

11月11日(日)

 先日このブログでもお知らせしたとおり、真冬にいわきを訪ねるツアーを企画しています。
 (先日の話題は「こちら」)
 
b0273150_1922480.jpg

 (写真はハワイヤンHPから拝借しました)

 東北のハワイ「スパ・リゾートハワイアンズ」でほっこりまったりのんびりしつつ、いわきの面白人・面白地域や復興状況などにも触れられる旅にしたいと考えています。早くも一部の方からは「参加します!」の声をいただいており、日程や内容を考え始めたところ。できるだけ多くの方に参加していただきたいので、ちょっと早めのお知らせ&ご相談です。

 日程は、できるだけイベントが被らない2月の土日(1泊2日)を中心に考えています。3連休の2月9日(土)、10日(日)とか。ただ、混み具合や宿泊料金を考えると、平日からまりが良いのですよね~。平日でも早目に予定してもらえれば、参加可能な人ってどのぐらいいるんだろう?などなど、いろいろ考えてます。

 あとは、ハワイヤン直営のホテルに泊まるか、周辺の宿に泊まるかによっても費用や楽しみ方が変わってきます。前者は通常のホテル代ぐらいかかりますが、ゆったりできるのが魅力。後者ならお安い宿がたくさんあるので、予算をかけずに済みますよね。

 みなさん、どんな旅をお望みでしょう?日程をはじめ、多くのご意見・ご要望を参考にしたいと思います。このブログへのコメントでも、facebookのコメント欄・メッセージでも構いませんので、どんどん意見をお聞かせください!いわきに「こんな人いるよ・場所あるよ」の情報も大歓迎です。

 一緒に楽しい旅を作っていきましょう~^^

 
[PR]
by michiyocafe | 2012-11-11 13:50 | プライベート

みちのく湖畔の杜公園

10月15日(月)

 思い立ってみちのく湖畔の杜公園へ。
 この公園は宮城県川崎町の、釜房湖というダム湖に隣接する公園です。
 いまどきめずらしく、国が直轄で運営している国営公園で、びっくりするぐらい広くてきれいに整備されています。
 公園の北側は宿泊もできるようになっていて、コテージやキャンプ場、宿泊者が利用できる温泉施設などいたれりつくせり。さすが日本国営公園は違います。 

 本日は平日でしたが、行楽シーズンとあってたくさんの人が来場してました。

 秋なのでコスモス満開かなあと思ったら、台風17号で倒れてしまったとか。残念。

 その変わり、「コキアが紅葉してますよ!」と案内されました。

 「ありがとう!」と喜んで向かったものの・・・



  ・・・コキア???

 聞いたことがありません。

 何だかよく分からないけど、スタッフさんがお薦めしてくれるならきっと素敵に違いない!

 そう確信してずんずん進んでいきました。

 そしてコキア畑。
 
















 
b0273150_2133273.jpg


 真っ赤っか!きれい。そして形が可愛い!

 へえ~。これがコキアっていう植物なのね。

 近くに寄ると、看板に説明書きがありました。

 コキアはなんと、秋田の特産で有名なあの「○○○○」なのでした!

 みなさん、分かります?




 
 答えは・・・。





















 トンブリ!
 
b0273150_214478.jpg

 え~!知らなかった!というか、この樹の形からあのトンブリの姿、思い浮かびません。

 ちょっと調べてみました。

 「ヤサシイエンゲイ」さんの説明を引用します。

 「コキア」 
  http://yasashi.info/ko_00014.htm

 
b0273150_21462779.jpg


 さらにずんずん進んでいくと、わたしの大好きなかやぶき屋根のおうちがいっぱい。
 
 公園の中にあるふるさと村です。

 どれも東北の各地で実際に人が住んでいた当時の豪邸を移設したものです。

 津軽から会津まで、地方によって少しずつ趣が違うのも何だか素敵です。

 
b0273150_2145767.jpg


b0273150_21551826.jpg




 
b0273150_21471392.jpg

 
 側を残しているだけでなく、内部にも実際に上がって見学できるようになっています。
 それも、建物によってテーマを設けていました。

 下は秋田の由利本荘の家の内部。
 食をテーマに、お米の説明や郷土料理の説明、東北地方の飢饉の歴史などが展示されていました。
 ほとんど人がいないのに、隋所にテレビが置いてあり、資料映像がひたすら流れています。
 かやぶき屋根の維持費なども含め、いったいいくらの経費がかかっているのか、ちょっと心配になります^^;。

 
b0273150_21482884.jpg

 
 
 
b0273150_21495882.jpg

 
 
b0273150_21544018.jpg


 なぜか敷地内に田んぼもあり、ちょうど稲刈りが終わった後のようでした^^;。
 
b0273150_21573948.jpg
 


 1時間ほどしかいられませんでしたが、秋晴れの穏やかな空のもとで、とてもゆったりした気持ちになれました。今度は久しぶりに泊まりがけで行ってみようと思います。
 
 

 
[PR]
by michiyocafe | 2012-10-15 21:58