タグ:岩手 ( 3 ) タグの人気記事

経営実務でバッタリーを紹介しました

10月1日(火)

 JA経営実務さんの10月号に、バッタリー村を紹介する記事を書かせていただきました。
b0273150_9112558.jpg

b0273150_9112647.jpg



 スター農家オーディションについて書いた前回7月号に続き、2度目の掲載です。ありがとうございます。

 地域に影響を与えた活性化の事例を紹介したいということで、東北のいくつかのケースを挙げたうち、編集長さんもバッタリーに関心を持ってくださり、取材にGOサイン!が出ました。

 バッタリー村は28年前、山村文化の継承と都市との交流を目指し、当時の岩手県山形村(現在の久慈市山形町)荷軽部集落の5世帯が、「開村」宣言して「独立」した日本一小さな村です。盛岡から車で2時間かかる、ほんとに山々山・・・の田舎なのですが、素晴らしい日本の原風景がきちんと残されており、年間1000人以上が訪れる場所になっています。


 82歳になる村長が、また素晴らしい人物なんですよ^^。耕作放棄地対策に昨年、数頭から飼い始めたヤギが元気すぎて17頭に増えてヤギ牧場になっていたり、村の周辺の木を使ったコマづくり&コマ回しに夢中になっていたり。目の前のことや人にいつも一生懸命で、楽しそうな様子に世代間ギャップなんて忘れてしまいます。会うたび、元気になって気持ちが前向きになれる方です。

 村長のお顔とヤギの写真もばっちり掲載していただきました^^
b0273150_9112787.jpg


 10月号では、30年前にバッタリー村ができた経緯から、現在のバッタリーの様子、村長の夢まで紹介させていただきました。どこかで雑誌を目にする機会があったら、手に取ってみてください。もちろん、ネットでも購入できます。農業経営診断士の本田茂さんも連載を書いていらっしゃいます(というか、私も本田さんから編集部をご紹介いただきました^^;)。青果流通についての、本田さんの熱い思いが伝わる素敵なコーナーです。ぜひ合わせてお読みください。


b0273150_95566.jpg

[PR]
by michiyocafe | 2013-10-06 09:10 | お仕事

岩手に行きました③

5月25日(土)

 仕事で陸前高田に向かった千春さんと分かれて、一人で遠野に向かいました。
 途中の猿ケ石川の川岸でのんびり電車を待ち、おにぎりをぱくり。


b0273150_2341554.jpg

b0273150_23415645.jpg

 無事に遠野に着きました。
b0273150_23415724.jpg

 滞在時間が1時間ほどしかなかったため、街中を散策することに。
 ちょうど、遠野「物語の館」という施設がオープンしたとの話を聞いて、のぞいてみることにしました。
b0273150_2341578.jpg

 写真OKとのことで、おおらかというか、PRの作戦かな。
b0273150_234158100.jpg

 これ何だか分かりますか?ぶんぶくちゃがまの置物です。
b0273150_2342266.jpg

 面白いのは、この置物に触ると、物語の影絵が表れて、動くところ。
 写真は、ちゃがまの上に乗って踊るタヌキの影絵です。ほかに打ち出のこづちとか、カチカチ山とか、いろいろありました。
b0273150_2342398.jpg

 ほかに本物の語り部さんが民話を話して聞かせてくれる建物がありました。こちらは写真NG。
 あまり期待せずに入りましたが、全体的になかなか興味をひかれる展示で、工夫されていましたね。

 遠野駅の近くに雰囲気の良いお茶屋さんがありました。
 明治?大正?時代を思わせる木造の建物&内装。
 「昔のまま」というパッケージで、たくさんのお茶の種類ごとに商品が並んでいました。
 
b0273150_0101246.jpg

 店内の写真を撮らせていただこうと思ったのですが、丁重にお断りされました。
 そのときも「目のシャッターを切ってくださいね」と優しく言っていただきました。
 何事も言い方一つですねえ。

 というわけで外観のみをパチリ。
b0273150_234234.jpg


 盛岡に戻り、大通りのベルで小山ちゃんと会いました。
 ご存じの方も多いと思いますが、ベルはびっくりド○キーの元になった店。店の前には本物のベルボーイ?さんが待っていてくれて、ドアを開けたり閉めたりしてくれます!ここも10年前と変わらない~。おじさん、長生きしてね!

 小山ちゃんは元テレビ局の記者。わたしが盛岡にいたころ、よく一緒に食事したり花火を見たりしました。年は離れているのだけど、どこか気があって。その小山ちゃんも震災後、結婚→退職→出産、と、変化に激しい日々を送った模様。いまではすっかりお母さんになっていました^^。

 忙しいのに&急に呼び出したのに、時間を作ってくれてありがとう!
 みさとちゃんの姿に癒されました。これからも愛ある母子日誌、つぶやいてね!

b0273150_2342428.jpg
b0273150_2342566.jpg


 この後は、渡部さんのお友達で、わたしも昔よく一緒に飲ませてもらった松本さん、パパさんと一杯。確か7、8年ぶりでしたが、このお二人も変わっていませんでした。松本さんなんか昔より若返ったぐらい^^。電車の時間までと限られた時間でしたが、昔話に花を咲かせ、また美味しい三陸の味に下鼓を打ったのでした。

 2日間、久しぶりに岩手でゆっくりして、会いたい人に会えました。
 あ!、初日は気になっていた中津山さんとも会えたのだった!確か82歳ぐらいのはずだけど、まだまだ頑張っていらした。わたしも頑張らないと。

 やっぱり岩手、大好きです。また行きます。
[PR]
by michiyocafe | 2013-06-01 23:33 | プライベート

岩手に行きました②

5月23日(金)

 盛岡市紺屋町の喫茶店クラムボンでまったりしていると、千春さんが迎えに来てくれました。

 千春さんは元の会社の同僚。入社時期もほぼ一緒で,新人のころは独身寮の隣のお部屋(だったかな?)に住んでいたこともありました。同じ部で働き、自然と一緒に飲んだり、遊んだりするように。韓国の彼女のお友達・ヨンヒを頼って一緒にホームステイさせてもらったり、さらにヨンヒも交えて上海のわたしの友人のところに旅したり(英語と日本語と中国語が入り混じる珍道中)と、何だか不思議なご縁ですが、どれも愉快な思い出ばかりです。

 その千春さんが、いまは盛岡に勤務していて、一度訪ねたいと思っていました。わたしが退職して以来、1年以上会ってなかったのです。

 久しぶりの邂逅を喜んだ後、桜山の居酒屋「MASS(マス)」さんに向かいました。 
 写真は、お店に入ろうとする千春さんを無理やり振り向かせるの図。

b0273150_23591780.jpg


 たまたま東京から仙台/盛岡に出張中だった別の知人たちと合流し、三陸の味を堪能しました。モウカの星(鮫の心臓)のごま油がけ、美味しかったなあ~。

 
b0273150_017793.jpg


 盛岡の夜は更け、やっぱり「じゃじゃ麺食べたい!」ということに。何人かは盛岡駅近くのホテルに泊まるとのことで、今回は近くの「ほっとじゃじゃ」に行きました。白龍や香ジャンのとはまたちょっと違った味なのかな?それでも、久しぶりに食べられてうれしい。

 その後、さらに翌日の東京出張を控えてなんとたまたま宮古から来ていた並太郎と合流!さらにさらにすごいのは、並太郎と千春さんがわたしを待っていてくれたのが、10年前に足しげく通った三漁洞の跡地(に入っている新しい店)!びっくりしすぎてしばらく口が空いたままでした。翌日松本さんと飲む予定だったし、パパさんに呼ばれたのかなあ。

 懐かしい場所で、懐かしい元同僚たちと一緒に飲み明かせたことはとっても幸せでした。並太郎は予想以上に?家族思いで、とっても良いパパになっていたこと。娘が「パパ大好き」って言ってくれること。宮古の人にとっても助けられて、頑張っていること。いろいろ発見して面白かった。

 並太郎、疲れてたのに遅くまでありがとう。また飲もうね!

 
b0273150_0312392.jpg

 
[PR]
by michiyocafe | 2013-05-29 23:47 | プライベート